気まぐれ日記 Blog De New

sibagoro.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 16日

稚内~利尻島です。




一日目 羽田~稚内 曇り
最果ての終着駅。 勝手にぽっぽやをイメージしてたのに、こんなに近代的な建物で。。。。
ここでのランチは、親子丼を選びました。 これから始めるであろう「海鮮づくし」に備えるため。 最北の親子丼美味しいかった。
e0014154_23162905.jpg






稚内市内観光。    宗谷丘陵 周氷河地形という小高い丘が連なる壮大な風景に、思いがけず感動。
見づらいですが、遠くに沢山の風車が建っています。   稚内観光は、あんまり期待してなかったのに、かなり壮観でした。
e0014154_23202543.jpg

宗谷牧場。  遠くに点々に見える黒いのは宗谷牛。 すっごい大きな牧草地。 さすが! ココだけでなくアッチコッチに沢山いましたよ。
e0014154_20222037.jpg

宗谷岬。 言うまでもなく日本最北の岬。 写真なし。 観光客でごった返してましたので。。。。。
せめて間宮林蔵さんの銅像くらい撮っておけばよかったなぁ。




フェリーに乗り込み、利尻島へ。 利尻富士見えるかな~ ワクワク。。 1時間40分の船旅。
利尻島・鴛泊港 到着。 見事な厚い雲。  利尻富士見えません。 名物の「夕日ツアー」も、「スターウォッチングツアー」も中止。 ガッカリ。
e0014154_20361520.jpg

1日目終了。 北国グランドホテル泊。  
待ってました、夕食。 ご飯はウニ釜飯。左の土鍋は鮭のちゃんちゃん焼き。 右端はイクラ醤油漬け。感謝です。
e0014154_20492922.jpg




二日目。 濃霧 のち曇り のち雨。
霧の中、富士野園地へ。 名前の通り、絶景の利尻富士が見えるんでしょう、きっと。 晴れていれば…
ここの展望台から海を眺め、すぐ近くにある「ポンモシリ島」も霧の中。  アイヌ語で小さい島という意味だそうです。
e0014154_21041703.jpg



ここでの花。 ハマナスと、チシマフウロ(?)エゾカンゾウ。 エゾカンゾウとは、ニッコウキスゲと同じだそうです。霧の中しっとり鮮やか。
e0014154_21343225.jpg


e0014154_21351003.jpg
e0014154_21353622.jpg


姫沼。 
利尻名物の強風が無く、鏡のような湖面。 はっとするような景観。 小さな湖で歩いて30分で一周しました。晴れていたら、利尻富士も映って絶景だったんでしょうね。
e0014154_21400564.jpg

e0014154_21413499.jpg


ココでの花。 「オニシモツケ」 と名前忘れた花。     その他に「ツルアジサイ」が大木に絡まって沢山咲いていました。
e0014154_21441113.jpg
e0014154_21443353.jpg



オタトマリ沼。 姫沼の3倍くらい? 大きな湖です。 ここでも晴れていたら絶景・利尻富士が見えたはず。 裾野すら見えない。
e0014154_21524542.jpg


でも… ここの売店でのホタテ焼きは絶品!プリプリ。  もっと食べたい。 けどこの後のランチ(ウニ丼)に備えて我慢。
e0014154_21561037.jpg


仙法師御崎公園。 まだ霧が晴れないわ~
利尻島のアイドル公務員? ゴマフアザラシの「コンブちゃんとワカメちゃん」が、海のプールで泳いで出迎え、観光客を癒やしていました。
e0014154_22020593.jpg
ここでは、こんな風に利尻富士が見えたはず。 看板で見た事にします。 明日は絶景・利尻富士みれるかなぁ… 
e0014154_22095525.jpg

寝熊の岩。  画像からは分かりにくいですね。 本当にうつ伏せの熊さんの様でした。
利尻・礼文には、熊はいません。この熊の岩だけだそうです。 ちなみにキツネもヘビも、いないそうです。
e0014154_22161591.jpg

人面岩。 これは本当にアイヌのおじさんの横顔にそっくりです。 このゴツゴツの奇岩は大昔、利尻富士が噴火した時の溶岩だそうです。
e0014154_22185510.jpg

午後は、礼文島に渡ります。 絶景は見られますかねぇ…   つづく。




[PR]

by tatimaru-goro | 2017-07-16 22:27 | おでかけ | Comments(0)


<< 礼文島です。      利尻・礼文に行って来ました >>