気まぐれ日記 Blog De New

sibagoro.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 19日

礼文島です。

2日目午後 礼文島。 
 
利尻島から礼文島へ、およそ45分の船旅。 待望のウニ丼のお昼御飯です。 ワクワク。

えええ~~~~!? 全面バフンウニじゃないじゃん! なんでですのん。 左側はムラサキウニですって。 少し落胆。
でも獲れたて新鮮~~味比べができて良かったかも。 両方とも甘くって美味しかったけど… やっぱりバフンウニの方が美味しいです。
e0014154_22443578.jpg




満腹になったところで、お待ちかね、トレッキング。
 桃岩~知床コース。 約4.5km お花見ながらゆっくり3時間弱で歩きました。

大きな桃岩が見えました。 こう見ると、なるほど桃のてっぺんに似てますね。 実はバスの中から見ました。
空が青く見えるのは、フロントガラスの色です。 相変わらず、空模様は曇り。 歩き終わるまで降り出しませんように。。。
e0014154_20472696.jpg

別の角度の桃岩。 大きな岩です。 山の様です。 左お隣りに小さな小さな猫岩が海を見ている様に佇んでいます。
e0014154_20510425.jpg

e0014154_20514713.jpg
こんな景色のなか歩きました。 
花の盛りです。言われていた強い風が無く「お花が揺れなくって撮りやすいですよ~」と、ガイドさん。 どうですかね~?

ところで、ガイドさんが言うには、我が地元の有名人・小泉元総理が武部さんとこの辺りまで遊説に来た事があるんですって。
こんなに遠くまで来たんだぁ。。  地元横須賀には、一度も遊説に来なかったのにね。 
e0014154_21030976.jpg
e0014154_21083780.jpg

お天気が良ければ、利尻島・利尻富士が見えるはずだったのに。 この日も、全く見えません。残念。
e0014154_21093449.jpg
けれど、霧に覆われた・花の浮島 っていうのも しっとりしていて良い良い。といたしましょう。
本来、高い山に咲く高山植物が、海とともに鑑賞できるのはとても珍しい、ここならではの体験だそうです。
e0014154_20555558.jpg
e0014154_21445459.jpg


ガイドさんに、いっぱい花の名前教わったけれど、どれがどれやら??? すっかり物覚えがわるいです。
最初のピンクの花は「レブンシオガマ」です。
e0014154_21153946.jpg
e0014154_21172060.jpg

e0014154_21163265.jpg
e0014154_21192993.jpg

e0014154_21183642.jpg
沢山咲いていました「ヒオウギアヤメ」と「イブキトラノオ」。 そして見つけた~! エーデルワイス。じゃなくて「レブンウスユキソウ」。
e0014154_21212743.jpg
e0014154_21231210.jpg

e0014154_21241008.jpg

途中から、遂に雨が降り出しました。 こうなるともう写真撮影どころじゃありません。
雨ガッパを取り出し、足元はグチャグチャ。 早くバスに着きたいよぉぉ。 ひたすら歩く歩く。 雨の中の松ぼっくり。
e0014154_21401942.jpg


この日も、もちろん楽しみにしている 名物の夕日は見ることが出来ませんでした。残念。
二晩お世話になる「プチホテル・コリンシアン」へ。

このホテルの有り難いサービス。 
グチャグチャのトレッキングシューズを綺麗に洗って乾燥させて、翌朝 玄関に揃えておいてくれるんです!!
トレッキングシューズの靴底溝の泥って厄介なんですよね。 本当に綺麗になってました。感謝。

お楽しみ、お夕飯。 どれもこれも 誠っに美味しいかったです。 茶碗蒸しは、ホタテがゴロっと入ってました。感謝。
e0014154_22261840.jpg
e0014154_22291816.jpg



e0014154_22183537.jpg

次の日は、一日中礼文島。 お天気良くなりますように。 利尻富士が見えます様に。。。 つづく。


 



[PR]

# by tatimaru-goro | 2017-07-19 22:21 | おでかけ | Comments(0)
2017年 07月 16日

稚内~利尻島です。




一日目 羽田~稚内 曇り
最果ての終着駅。 勝手にぽっぽやをイメージしてたのに、こんなに近代的な建物で。。。。
ここでのランチは、親子丼を選びました。 これから始めるであろう「海鮮づくし」に備えるため。 最北の親子丼美味しいかった。
e0014154_23162905.jpg






稚内市内観光。    宗谷丘陵 周氷河地形という小高い丘が連なる壮大な風景に、思いがけず感動。
見づらいですが、遠くに沢山の風車が建っています。   稚内観光は、あんまり期待してなかったのに、かなり壮観でした。
e0014154_23202543.jpg

宗谷牧場。  遠くに点々に見える黒いのは宗谷牛。 すっごい大きな牧草地。 さすが! ココだけでなくアッチコッチに沢山いましたよ。
e0014154_20222037.jpg

宗谷岬。 言うまでもなく日本最北の岬。 写真なし。 観光客でごった返してましたので。。。。。
せめて間宮林蔵さんの銅像くらい撮っておけばよかったなぁ。




フェリーに乗り込み、利尻島へ。 利尻富士見えるかな~ ワクワク。。 1時間40分の船旅。
利尻島・鴛泊港 到着。 見事な厚い雲。  利尻富士見えません。 名物の「夕日ツアー」も、「スターウォッチングツアー」も中止。 ガッカリ。
e0014154_20361520.jpg

1日目終了。 北国グランドホテル泊。  
待ってました、夕食。 ご飯はウニ釜飯。左の土鍋は鮭のちゃんちゃん焼き。 右端はイクラ醤油漬け。感謝です。
e0014154_20492922.jpg




二日目。 濃霧 のち曇り のち雨。
霧の中、富士野園地へ。 名前の通り、絶景の利尻富士が見えるんでしょう、きっと。 晴れていれば…
ここの展望台から海を眺め、すぐ近くにある「ポンモシリ島」も霧の中。  アイヌ語で小さい島という意味だそうです。
e0014154_21041703.jpg



ここでの花。 ハマナスと、チシマフウロ(?)エゾカンゾウ。 エゾカンゾウとは、ニッコウキスゲと同じだそうです。霧の中しっとり鮮やか。
e0014154_21343225.jpg


e0014154_21351003.jpg
e0014154_21353622.jpg


姫沼。 
利尻名物の強風が無く、鏡のような湖面。 はっとするような景観。 小さな湖で歩いて30分で一周しました。晴れていたら、利尻富士も映って絶景だったんでしょうね。
e0014154_21400564.jpg

e0014154_21413499.jpg


ココでの花。 「オニシモツケ」 と名前忘れた花。     その他に「ツルアジサイ」が大木に絡まって沢山咲いていました。
e0014154_21441113.jpg
e0014154_21443353.jpg



オタトマリ沼。 姫沼の3倍くらい? 大きな湖です。 ここでも晴れていたら絶景・利尻富士が見えたはず。 裾野すら見えない。
e0014154_21524542.jpg


でも… ここの売店でのホタテ焼きは絶品!プリプリ。  もっと食べたい。 けどこの後のランチ(ウニ丼)に備えて我慢。
e0014154_21561037.jpg


仙法師御崎公園。 まだ霧が晴れないわ~
利尻島のアイドル公務員? ゴマフアザラシの「コンブちゃんとワカメちゃん」が、海のプールで泳いで出迎え、観光客を癒やしていました。
e0014154_22020593.jpg
ここでは、こんな風に利尻富士が見えたはず。 看板で見た事にします。 明日は絶景・利尻富士みれるかなぁ… 
e0014154_22095525.jpg

寝熊の岩。  画像からは分かりにくいですね。 本当にうつ伏せの熊さんの様でした。
利尻・礼文には、熊はいません。この熊の岩だけだそうです。 ちなみにキツネもヘビも、いないそうです。
e0014154_22161591.jpg

人面岩。 これは本当にアイヌのおじさんの横顔にそっくりです。 このゴツゴツの奇岩は大昔、利尻富士が噴火した時の溶岩だそうです。
e0014154_22185510.jpg

午後は、礼文島に渡ります。 絶景は見られますかねぇ…   つづく。




[PR]

# by tatimaru-goro | 2017-07-16 22:27 | おでかけ | Comments(0)
2017年 07月 14日

利尻・礼文に行って来ました

ゴロちち&五郎に留守を頼んで、利尻島礼文島に三泊四日の旅に行って来ました。
e0014154_23414556.jpg
ずっと前から、行きたいと狙いを定めていた念願の地。
絶景の花の浮島。 バフンウニ丼、海鮮づくし。 やっと行けました。

また、おいおい記録アップいたします。



[PR]

# by tatimaru-goro | 2017-07-14 23:46 | おでかけ | Comments(0)
2017年 07月 05日

ミニトマト・その5 

窓辺のミニトマト、ヒョロヒョロと大きくなっています。 
e0014154_08234715.jpg
大事な一番上の葉っぱを折ってしまった。 
お外のミニトマトと比べると、まるで「もやしっ子」で 大切な大切な「葉っぱ」だったのにね。 ゴメンナサイ。。。
e0014154_08285791.jpg
それで、お外の逞しいミニトマトです。今日の様子。   間引いてから、また密集してきた。 どうしましょ。。。
e0014154_08301951.jpg


あら? あららら?   花芽? 
e0014154_08321387.jpg


と思ったら、  咲いてる!!    コチラのミニさんは、すでに咲かしていました~~ ほおお~
e0014154_08340262.jpg

     ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー 



薔薇の返り咲きが始まっています。 
梅雨空の中、、雨降りの薔薇ほど トホホ…な 風情はないのでは。 気温も高いのでスグに咲き進んで散ってしまうし。

そんな中、カクテルは鮮やかであります。
e0014154_08395592.jpg









[PR]

# by tatimaru-goro | 2017-07-05 08:40 | 趣味な園芸 | Comments(0)
2017年 06月 30日

ミニトマト・その4 外のミニトマト

やっぱり、考えた末 お外のミニトマトを分けました。  これでもまだ狭いかな~?
e0014154_21354479.jpg
e0014154_21360402.jpg

分ける前はこんな感じ。 やっぱりギューギューのトマト詰め だったわね。  
e0014154_21590114.jpg

今年のブルベリーは残念な出来です。 巷では枇杷の実がたわわに実っているのを見かけます。 今年は枇杷の当り年?
e0014154_21482767.jpg

五郎が居ない? いなくなっちゃった~? と思ったら珍しい所で爆睡してた。
e0014154_21495741.jpg
狭い狭い我が家。 でも眠れる所はけっこう沢山ありますね。 「五郎探し」は少しドキドキするー。








[PR]

# by tatimaru-goro | 2017-06-30 21:52 | 趣味な園芸 | Comments(0)
2017年 06月 27日

ミニトマト・その3

e0014154_21530345.jpg
少しづつ成長しています。 しかし、まだ花が咲く気配まるでなし。 いつトマトは食べられるのでしょうか?

外のミニトマトもご紹介。  こちら6月の初めに植え付けた時の画像。
e0014154_23160855.jpg

そして今朝の様子。 
さすが 外のは、ごっつく成長しています。 窓辺のより3倍くらい太く、がっしりしています。
e0014154_21590114.jpg
がっしりしてて、背いがとっても低いです。 ちっとも花が咲きそうもありません。
花が咲かなきゃ実も成らないですよね。 早く食べたいのに… 甘いかなぁ 

これ、このままでいいんでしょうか? 密集してますけど。 間引いた方がいいかしら?









[PR]

# by tatimaru-goro | 2017-06-27 22:03 | 趣味な園芸 | Comments(2)
2017年 06月 18日

ミニトマト・その2

今日のミニトマトです。 すくすく成長中。 でもさすが、外のトマト達はもっとシッカリ成長中。
e0014154_16214623.jpg

紫陽花の季節ですね。 五郎さんとお散歩。 アイコンタクト~♫
e0014154_16241142.jpg




[PR]

# by tatimaru-goro | 2017-06-18 16:24 | 趣味な園芸 | Comments(0)
2017年 06月 11日

ミニトマト 

今日の様子のミニトマトです。 室内栽培ではこれが一番の成長株であります。
e0014154_17201135.jpg
今まだこんな感じで、これから花咲かして、実がなるなんて… 今年中に収穫できるんでしょうか?


今日の五郎は、まずまずの状態。 元気に散歩に出掛けました。
先日の通院で体重計ったら 10.98㎏ 痩せてます。 五郎は元々がたいが良いもんで。
撫でると背中の骨が出っぱってて、切ないです。

先日、大きさ間違って買ってしまった クールマット。 ちゃんと合わせて寝てくれています・笑。
e0014154_17291085.jpg
お顔が完全に埋まってます。 苦しそう。 五郎は耳で息が出来るからいいけど。 ウソよ。
顔が埋まるほど小さいの買っちゃってすみません。 
ちゃんと、合わせて身体小さくしてくれて有り難うございます。 五郎も私に気を使っているのかしら?
e0014154_17284580.jpg







[PR]

# by tatimaru-goro | 2017-06-11 17:34 | 趣味な園芸 | Comments(2)