気まぐれ日記 Blog De New

sibagoro.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画( 42 )


2017年 05月 10日

追憶 岡田くん主演

今日は、朝からシトシト雨。 久しぶりの雨。
なので、急遽 午前中から映画を見に行きました。

岡田准一主演「追憶」。

久々に泣いてしまった。。。
岡田くんの「永遠のゼロ」以来かもしれません。

映像も素晴らしかったし、音楽もとても切なく心に響き…
昔の良質な映画を観させてもらった様な。

小栗旬が主役じゃないの? って思ってしまうような、そんな感じ。
今でも小栗旬のことを思い出すと嗚咽してしまう。

物語はとても重いです。
ずっと辛い思いで進みます。 でも映像がなおさら美しくって
観終わって、幸せになってよぉぉ と嗚咽しました。

故りりぃサンは、不幸なお母さんやらせたらピカいちですね。
惜しい方でした。
脇役の主役級の方達、みなさん適材適所。
長澤まさみ、木村文乃、安藤さくら 不幸のたたえ方がホントに自然。
普通の人が、抱えながら一生懸命生きる。

もちろん、岡田准一も柄本佑も良かったです。さすが、もはや日本を代表する映画俳優です。
吉岡秀隆が出演しているのは知りませんでした。
吉岡秀隆にふさわしい役・あたたかい人を演じています。 あたたかい台詞を言ってくれます。

安藤さくら&柄本佑ご夫婦~ ツーショットあるかな? ってちょっと楽しみだったのだけど…
安藤さくらって、育ちがいいのに、何で汚れ役がしっくり似合うんだろう? 天才?
安藤さくらが、この物語の芯(震?深?)の主役だと思います。   

映画館で観れて、本当に見逃さないで良かった~ って思った映画でした。

     ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー ・ ー 

ところで、薔薇のシーズン始まりです。 今の我が家の薔薇たちご紹介。

オールドローズの「バロン・ジロー・ド・ラン」   今年は沢山蕾をもってくれました。 よても良い香り。
        
e0014154_19583125.jpg

        
e0014154_20004393.jpg



イングリッシュローズ「グラハムトーマス」 コチラも良好に蕾を付けてくれています。
        
e0014154_20015699.jpg



つるバラ「ゴールドバニー」  グラハムトーマスと似ていますが、全く違います。香り無しです。
必死です。蕾はあと2つだけ。樹に勢いがありません。 黒点病で葉っぱが次々と落ちてます。
        
e0014154_20043560.jpg



ハイブリッドティ・ローズ「ローラ」 とても形がよく凛と咲きオレンジ色が映えます。
古い株で勢いが弱く、あまり沢山咲きません。 香り無し。
        
e0014154_20082002.jpg



フロリバンダ・ローズ「ニコロパガニーニ」 ずっと、あんまり咲かなかったけど
今年は頑張っていつもより多く蕾をつけてくれました。 でも毛虫の犠牲者に…悲。
                       
e0014154_20412577.jpg

        





「ノイバラ」「カクテル」「コーネリア」の競争咲き。
        
e0014154_20191965.jpg

        
e0014154_20223233.jpg
 
母屋の「クレマチス」「ミヤコワスレ」 ゴロちちさんが丹精してくれました。
        
e0014154_20355739.jpg


おまけの五郎さん。 元気です。 颯爽と歩いているように見えますね~106.png
痩せました。 よく食べるんですけど。 ( 羨ましいです。)
e0014154_20282759.jpg
多い時は16kgがだったのに、今や11kgなんです。
触ると、モチモチだった、お尻やモモの筋肉がゲッソリ落ちてるのが分かり…切ないです。   






.












[PR]

by tatimaru-goro | 2017-05-10 20:29 | 映画 | Comments(0)
2017年 04月 26日

美女と野獣

また、お友達と3人で「美女と野獣」(吹替え版)観てきました。

も~うっとりです。
岩崎宏美(ポット夫人)の熱唱をバックに野獣と
踊るハーマイオニー。
じゃなくって、エマワトソン。

本当に美しい。。。。。。
愛らしくて知的で優しくて。
ハリーポッターの時のハーマイオニーがそのまま
エレガントな大人になったねって思いました。

恐ろしい姿の野獣が徐々に心を溶かしていく
のも当然です。
あんな娘に見つめられたらね。

二人っきりの舞踏会。
「シンデレラ」でブルーのドレスで踊るシーン
と対象的な、イエローのドレス。

ディズニーの王道ストーリー。
「シンデレラ」と「美女と野獣」
どちらも大好きです。




.



[PR]

by tatimaru-goro | 2017-04-26 19:47 | 映画 | Comments(0)
2017年 03月 29日

モアナと伝説の海

本当にお久しぶりな映画の感想です。

何年ぶり? 書かなかっ間も観てましたけど。
なんでかな? ブログに書く気がしなかった。

すごく面白かった映画も沢山あったのに…

私のモチベーションの問題ですね。 
生活全般の色々なジャンルに対する力の割合が、釣り合わず。
なんだか、ヘラヘラと娯楽重視にして、楽しみ優先にしてないと
バランス崩しちゃう感じの時期があったのかな?

おっと、今も お楽しみ優先で。 娯楽娯楽。 だって
もういいでしょ。 楽しく行きたって。

そんな訳で、急に 映画の感想を書きたくなったのは何故か? わかんないけど…

今日は、「SING」を観てきました。
すごく観たかったので、レディースデイを狙って行ってきました。お一人様で。
混んでた~ 春休みでしたね。 お子様満載。
ネット予約してって正解。 
よかったんだけど、期待しすぎた。

お話があまりに奇想天外で、ついて行けない。 無理でしょって思っちゃって。
子ども心になれない、大人(オバサン)な心。

キャラクターや、一つ一つのシーンは素晴らしいんだけどな。
特に、ハリネズミのアッシュが好き。 目が可愛い~
長沢まさみ、って凄い歌唱力だったんですね。


でやっと、標題の「モアナと伝説の海」。
2週間前に、お友達と3人で観に行きました。

さすがです。 本当に感動の素晴らしさでした。
アナ雪と同じくらいハマりました。
映像で言ったら、モアナの方が素晴らしいかも。

ベビーモアナの、なんと可愛らしいこと!
お祖母ちゃんの声が夏木マリは知ってたけど(最高)、
マウイが、松也さんとはつゆ知らず…

歌がうま~い!! 知らなかった~~
も~いっぺんにファンになっちゃった~ 

大河ドラマで、今川氏真やってて いや~な奴なんですけどね。
このギャッップ。 
すごい俳優さんです。

ところで、何故、モアナの奇想天外は受け入れられるのに、
SING の奇想天外は無理って思っちゃうのかしら?

分からん。
SINGのお祖母ちゃんの声は、大地真央でコチラも最高だったのに。
なぜ? それほど感動しなかったの?

お友達と3人で観たから? 
観てから、なんたらかんたらお喋りして、お楽しみを共有したからかな?
いやいや、お喋りする前からぽ~っとしてたもの。

今日は、お子様がワサワサ、ポリポリ、うるさかったからかな?

モアナ、もう一回観に行きたいな~。

教訓:お一人様映画は、ジャンルを見極めろ。



.

 
[PR]

by tatimaru-goro | 2017-03-29 23:13 | 映画 | Comments(0)
2014年 10月 05日

ああ~良かった♪

e0014154_16491175.jpg

失くしちゃっていた、ポイントカードがみつかったんです。

今日は朝から大雨。 
ゴロちちと映画を観に行くことになりました。

ポイントカード、先に出しとけよって言われて思い出しました。

忘れていた凹んだ記憶。
前回、マレフィセントを観に行った時に失くしちゃったんです。
もうそろそろ ポイント満杯だったのに…
マレフィセントは前日 口コミのネタベレ読んじゃって後悔全開だったし、
ポイントカードはなくしちゃうし、 
凹んだんだった…

ダメだと思うけど、映画館で聞いてみたら?と言うゴロちち。
でもね、無いだろね。。。

ところが、ありました~~~~♪

しかも、やっぱりポイント満杯!!

素晴らしい!
タダで「舞妓はレディ」観ちゃいました。
テンション上がった~~
「舞妓はレディ」 良かった!
すっごく楽しい映画。

感動のラストシーン。
もう一回、観たいな~~

ポイントカードよ、ありがとう~
何ヶ月も、とっといてくれてHUMAXさん、ありがと~~
[PR]

by tatimaru-goro | 2014-10-05 17:06 | 映画 | Comments(2)
2014年 08月 31日

「アナ雪」と「マレフィセント」

あらら… 
ずいぶんと、ご無沙汰な更新です。

なにせ…忙しくって。
最近 あきらめちゃって色々と。  なので呑気になっちゃって・笑。。。

ゴロちちが、TVのHDDを 2TB(2テラ!!バイト)のに変更してくれて。
なんと!! 約210時間も録画できるんですってさ~~

も~~ 完全にTVウォッチャー な私です。
録画しまくり、 番組表のチェックに余年がありません。

私の好きなジャンル。 自然動物物語。 大自然絶景もの。 
山登り。 ガーデニング。 ヒューマンチックドラマ。 イケメントーク。
徹子の部屋。 アメトーーークみたいなの。 マツコデラックス。池上さん。 
ダメよ~ダメダメ  等々。

なので、忙しいのであります。

今、一番はまっているドラマは「月8のペテロの葬列」。
すっごい、ゾクっとするほど怖くて面白いのに、話題になりませんね。
回りで誰もみている人がいません。
宮部みゆき ってスゴイ。

それでBSで昨日から始まった、宮部みゆき原作の「おそろし」という時代劇も
録画して早速観たのだけれど。。。 コワカッタ~~
次回も録画しなくちゃ。

ところで、やっと表題。
e0014154_16105132.jpg

買い物に行くと、いまだに流行ってますね~ アナ雪。

実は私も、ちょっと前まで頭の中「ありのままで~~」が連呼されていました。
パコーンとあのお話の全てにハマってしまって。
映画は1回しか見に行きませんでしたが、オンデマンドで何回も観ちゃった。
(DVDは、すぐに失くしちゃうんで買いません)

ラストのアナの姿に大感動してしまって。。。 
も~~神田さやか 好き。

そして、雪だるま オラフ も好き~~。 
我が身を顧みず、無償の愛。
 も~しも夏が今来たら~♪ 唄えます。


そして、同じような感動を求めて「マレフィセント」に臨みました。

あああ~ 失敗してしまった。 
不覚にも大失敗。

私ったら、ネタばれ見ちゃってから観たんです~~~。

もう、バカバカバカ。

一緒に観たイトコは大感動していた… うう。

迫力のアンジー。 超かわいいオーロラ姫。

ああ、もう王子なんて要らない。 真実の愛。
アナ雪 と通じるわあ。

感動したかったのに。 バカあ~~








 
[PR]

by tatimaru-goro | 2014-08-31 16:07 | 映画 | Comments(4)
2010年 03月 25日

シューシャインボーイ

昨日、久しぶりに心に残るな、ほんとに観て良かったな、と思う2時間ドラマを観ました。
テレビ東京「シューシャインボーイ」(靴磨き屋さん)です。
原作・浅田次郎。

食品会社社長の西田敏行、その専属運転手に柳葉敏郎、
ガード下の靴磨きの老人に大滝秀治。
この3人が主人公。

一代で会社を築いた戦争孤児の社長、
その人間味に惹かれる元銀行マンの運転手。

お互いの過去を秘めつつ、毎日車の中で二人きり。
だんだんと心が通い合い…

思いもよらない結末に、何か嬉しいような、
胸がすくような感動を味わいました。

仕事には誠心誠意向き合う、だとか謙虚とか潔さだとか。
大事な言葉が伝わってきたドラマです。

最後の大滝秀治さんの言葉には泣けました。
本当に素晴らしい名優ですね。

社長の奥さん(星由里子)が、運転手の奥さん(安田成美)に
言った言葉。
 相手の抱えているもの、引きずっているものも、
 愛おしいって思う事が、夫婦を長続きさせる秘訣よ。

ふーん。
私、ゴロちちに 何か抱えてる?引きずってる?って聞きました。

ないっ。 捨てちゃったから。
だって。

そっか… 捨てちゃったなんて、羨ましい~
[PR]

by tatimaru-goro | 2010-03-25 23:34 | 映画 | Comments(0)
2010年 02月 07日

アバター

先週ですが「アバター」を観ました。
ナイターだったので20時始まり、3Dなのでいっさいの割引なし。
そんなだから空いてるだろうと思っていたら、なーんと満席!
すっごい人気ですね~

私も、別に… と思っていましたが、あまりに興行成績がいいし
アカデミー賞にもノミネートされたし、
なにより、3Dを体感するには今映画館でしかできないんだ!って思って
行ってきました。

前評判とおり、映像は素晴らしかったです。
3Dを堪能できました。

お話も、前評判通りです。
もののけ姫。西部劇。ラピュタ…。
戦闘シーンは、イヤだったなあ。
でも、アバターという発想が面白いですね。

間違いなく反戦映画です。 宗教的には、日本人向きかもしれません。

ちなみに、予告編で観た、ジョニーデップ主演の「不思議の国のアリス」が
面白そうです。 こちらも3D。
[PR]

by tatimaru-goro | 2010-02-07 21:02 | 映画 | Comments(2)
2010年 01月 14日

歩いても歩いても

録画してあった映画「歩いても歩いても」を、やっと観ました。
年老いた父と母(原田芳雄・樹木希林)のいる実家に
阿部寛一家とYOU一家が帰省した二日間を描いた映画。

という事で、樹木希林に惹かれて 絶対観たいなあって思っていました。

誰もが懐かしい想いに浸れる映像です。
でも、徐々に色んな事が明かされていくんです。

その、どのエピソードにも私はええ~って思ってしまいました。
スゴイ面白い映画だ~って静かに思ってしまった。

みんな、どうにもならない悲しみを心の奥底に閉じ込めて
思うままにならない道を歩いているんだな。

実家に帰ると、つい本音を吐露してしまう。
普段、こんな事言ったりしないのに。
なんで言っちゃったんだろうって…

ネタばれになっちゃうから、これ以上はお終いにします。

ゴロちちが、樹木希林が藤沢のお母さんに見えてくる
って言ったので、
私も、この台所と樹木希林は、実家にソックリだと思った、と返しました。
優しい顔して、すっごい辛辣な事をサクっと言うんだよね。
そして、
YOUは、私かもしれない。
ズケズケしてチャッカリして、何かとみんなをまとめようとしてる。

途中、タイトルの「歩いても歩いても」の意味が、これなの~?
って場面があります。
うわ~あらま~~
でも、さらりと映画は進んでいきます。

オススメです。
[PR]

by tatimaru-goro | 2010-01-14 19:50 | 映画 | Comments(0)
2009年 11月 17日

マイケルジャクソン  this is it

よかった~ の評判に惹きつけられて観に行ってきました。

評判どおり、観てよかった~~ です。

映像の中でキャストの一人が、彼は偉大なエンターティナー。キングでフレンドリーで謙虚だ。
と語っていましたが、本当にそれが伝わって、全編にマイケルの人間性が漂っている映画でした。
ロンドン公演って、いったいどんだけ凄いステージになっていたんだろう…
訃報で、無し。 になっちゃって、残念無念どころの話じゃないなぁ。 呆然自失どころでもないだろうな…
映画つくるっきゃない だったのかな。

でも、こんな事にでもならなかったら、私なんぞは全く興味なしで
一生マイケルジャクソンの偉大さを誤解・曲解して過ごしていたんだろうな。
なんとも切ないです。

50歳のマイケルは、スリラーやビート・イットの頃と変わらない超カッコよかった。
  同世代なのに、私ときたら肩がいたくって腕があがらない…

途中、ジャクソン5 がちょっこと出てきて、嬉しかった~ 
  ちゃんと歌ってくれなかったけど、イントロ聞いただけで心躍ります。 

キャント・ストップ・ラヴィング・ユーに、ジ~ンとしてしまった。
  本当にステキ。

最後のほうで、やっと ビリージーン。
  もう、この映画 終わらないで~って。

でも、終わっちゃってエンドロール。
皆さん、エンドロールでも席を立たないので、私も立たないでいたら
最後の最後にメッセージが…

みんな知っていたのね。 地球を救わなければ、マイケルの意思を継いで。
[PR]

by tatimaru-goro | 2009-11-17 19:44 | 映画 | Comments(2)
2009年 08月 15日

「HACHI 約束の犬」と「クライマーズハイ」

全然、違う系の映画をたて続けにみました。

まず、HACHI
やっぱり、日本犬は文句なしに可愛い~~ という映画ですね。
あんな大きな図体で、なんと愛くるしいこと。
リチャードギアがマジに、秋田犬と似合ってます。
両者の愛情表現が素晴らしく 後半の別れが分っているだけに辛い。

そして、お別れ。
ほんとに、犬を残して死んじゃダメ。絶対ダメ。と痛感です。
切な過ぎます。 

ただ、別に犬は好きでもないです。の人にはちょっと退屈かも。
あ~コレコレ、うちの子も同じ~ って思いながらみてたので
あまりにシンプルで、ストレートな映画なので…

ただし、犬好きには、超感動です。


クラーマーズ ハイ 
録画してあったものを、観ました。
悲惨な現場はほとんど出てこなかったので、よかった反面、ちょっと想像していた
映画と違っていました。
あの未曾有の大事故を追う、というより地方新聞社と記者の、あの頃を描く
という映画だったんですね。

とはいえ面白かった。
新聞社って、内部であんなに争奪戦があるのかって、知りませんでした。
そうだね、一生懸命追って書いた記事だもの、どうやって載るかは大問題だわ。

新聞って、いろんな事が載ってて、でも時間に追われてて、スリリングでした。
新聞って毎日くるから、あんまり貴重感がなかったけど、考え直しました。



山崎豊子著「沈まぬ太陽」が映画化されるって噂で聞いたけど
本当だろうか?
本当だったら、観たいと思います。

でも、どんな映画になるんだろう?
すごい小説だ、と思ったから。
悲惨な場面は、割愛されるんだろうか。
綿密な取材で書き上げた小説だというから、日航機事故の事実が広く伝わる映画に
なるのかと思います。

あれからもう24年もたつなんて、昨日のことのように憶えています。

大変な事故、なんて言葉じゃ表せないショックなニュースでしたね。
こんなに暑い真夏の日々のなか、何日も続いた悪夢だったのですね。

今ほど、通信手段も流通も進んでなかったでしょう。 あんな山の中で。
関係者のご苦労が映画で再現されるといいなと思います。

520名の御霊の安らかならんことをお祈り申し上げます。
[PR]

by tatimaru-goro | 2009-08-15 08:07 | 映画 | Comments(6)