気まぐれ日記 Blog De New

sibagoro.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:スイス( 14 )


2008年 07月 25日

スイス

帰ってまいりました。
e0014154_21493359.jpg



一日くもり空があり、一回夕立に降られ、あとは晴天でした。

高原は、どこも花が真っ盛り。
e0014154_22163983.jpg


カウベルは、なごみの音色でした。
e0014154_21584418.jpg


添乗員さん、いち押しの風景。あまり知られていない湖(ルンゲル湖)。
e0014154_21544628.jpg


気配りのきく、センスのいい添乗員さんで、快適でした。
(なんと柴犬好きだったのです!ちょっと前まで柴以外に興味がなかったとか…)

絶対叶わないとおもっていた夢が、叶ってしまいました。
[PR]

by tatimaru-goro | 2008-07-25 23:01 | スイス | Comments(14)
2008年 07月 25日

スイスの思い出(1)

しばらく、スイスの思い出話にお付き合い下さい。

7/17(木) 成田~ロンドン乗り継ぎ~ジュネーブ 
        14時間40分かけてジュネーブに着きました。 ジュネーブ泊

7/18(金) ジュネーブ市内観光
        
        なんと レマン湖のほとり、バラ公園が最初の観光!
e0014154_0142623.jpg


        スイスのバラ… 素敵。
e0014154_0145253.jpg

        レマン湖の大噴水  この風景にスイスに来たのね~と実感。
e0014154_0152977.jpg


       その後、バスに乗り国境を越えて
       フランス領 モンブランの町シャモニへ。

       ここで、第一ワンコ発見。 まさかノラ君?
       この後、続々とワンコと遭遇します。 五郎はどうしているかな~
e0014154_0204023.jpg


       このロープウェイとエレベーターを乗り継いで、雲の中へ
       なんと 3842mのエギュイーユ・デュ・ミディ展望台へいっきに上ります。
       
e0014154_027930.jpg


       雲を抜け出たら、いきなりの絶景! 
       アルプス3大北壁のひとつ グランド・ジョラス。 ギザギザだわ~
e0014154_028151.jpg


       ヨーロッパ最高峰 モンブラン。 丸い山頂がカワイイ。
e0014154_0294437.jpg


      おお!登山する人が~~見える~~~
e0014154_033259.jpg


     コレが標高3842mのエギュイーユ・デュ・ミディ展望台
     こんな凄いところに展望台を作っちゃうフランス人恐るべし。
e0014154_0373993.jpg

       
     こんなに、すっきり見渡せる日はまれだそうです。 神様に感謝。
     高山病も寒さも忘れて、氷河の造りだした大パノラマに感激しました。
e0014154_0385184.jpg


     町におりて、シャモニの中心街。可愛らしいい町でした。
e0014154_040789.jpg


     第二ワンコ発見。
e0014154_041124.jpg


     第三ワンコ発見。
e0014154_0415289.jpg


     第四ワンコ おっきい!
e0014154_0423264.jpg


     再びバスに2時間30分乗り、国境を越えスイスへ。
     途中、車窓からスイス・ヴァレー州の州都 シオンが見えました。
e0014154_0482689.jpg


     そして、マッターホルンの町 ツェルマットへ。
     ツェルマットは、ガソリン車乗り入れ禁止のクリーンな町。
     手前の町 テーシュで電車に乗り換えました。
     駅構内でワンコの集団発見。  スイスはワンコ天国?と思い始めたのです。
e0014154_051327.jpg

     
     そして、いよいよマッターホルンの町に着きました。  ツェルマット泊。
e0014154_0525081.jpg

     
    
[PR]

by tatimaru-goro | 2008-07-25 22:55 | スイス | Comments(4)
2008年 07月 25日

スイスの思い出(2)

7/19(土) この日が快晴なのは、昨日の電車の中の天気予報で知っていました。
        ならば、マッターホルンの朝焼け(モルゲンロート)が見れるわ!!
        
        ここで唐突ですが、今回の旅の仲間を紹介します。
        私を気にかけて、いつも誘ってくれるイトコのハイジ。
        ハイジのお友達アヤヤ。 そして私の3人組。
        
        その3人を含め 19名+添乗員さん1名 総勢20名のツアーメンバーです。

        
        マッターホルンのモルゲンロートを絶対見逃すわけにはいかない!
        5時に起きて、暗い内にホテルを抜け出す。

        ハイジが迷惑そうに、私を一人で出すわけにはいかないと言って付いて来る。
        アヤヤも誘うが、寝心地のいいベッドから抜け出せないらしい。

        5:45 始まりました。
e0014154_057203.jpg

       
        ピンクがかったゴールドがとろけ落ちるように下がって行きます。
e0014154_0583575.jpg
 
        本当にキレイ…
e0014154_059459.jpg


        付いてきたハイジも感動しています。 早起きして来て良かったでしょ!!
e0014154_102523.jpg


        さあ、いよいよハイキング~
[PR]

by tatimaru-goro | 2008-07-25 21:03 | スイス | Comments(6)
2008年 07月 25日

スイスの思い出(3)

7/19(土) 朝も早よから、朝焼けマッターホルンに感激して、美味しい朝食をモリモリ食べ、
        いよいよハイキング~

        まずは登山鉄道に乗って、標高3130mのへゴルナーグラート展望台へ
        車窓からすでに絶景です。
e0014154_20344832.jpg


e0014154_2035296.jpg
 
        現地ガイドさんによると、気難し屋のマッターホルンがこんなに
        心配なく見れる日はめったにないそうです。
        
        
        ゴルナーグラート展望台に到着。
        氷河や4000m級の山々が連なる、ぐるっと360°の大パノラマ。
e0014154_20372211.jpg


        私達についてくれた現地ガイドさんの目印はセントバーナード♪
        うへ~可愛い~
e0014154_2049125.jpg


        添乗員さん&現地ガイドさん セントバーナード君の頭上に目印くん。
e0014154_20504767.jpg


        野生のシュタインボックが塩を舐めに来てる! 残念、角がない…女の子ね。
e0014154_2125544.jpg


        さあ、いよいよ出発! ローテンボーデン~リッフェルベルグを歩きます。
        現地ガイドさんの後に続け~
e0014154_2141895.jpg


        まもなく、逆さマッターホルンで有名なリッフェルゼー(リッフェル湖)到着。
        簡単に撮れてしまった。。。 
e0014154_21101562.jpg


        整備されたハイキングコースの回りは花ざかり~♪
        ひとつひとつ名前を教わり、前から19人で伝言しながら進みます。
e0014154_211506.jpg


e0014154_21354163.jpg

        悲しい事に、ひとつも名前おぼえてなーいー
   
        この花「エンツィアン」リンドウの仲間だけ、かろうじて憶えられました。
e0014154_21362083.jpg

        
         
        花を見たり、景色をみたり、写真撮ったり、なかなか忙しいのでね。        
       
e0014154_21192183.jpg


      
e0014154_21205335.jpg

       ほとんど下り坂のハイキング。
       目指すリッフェルベルグ駅が見えてきました。
e0014154_21231461.jpg
 
       ここで、ワンコと遭遇~   
       この後、どんな場所にでもワンコがいる! という事を知るのです。
e0014154_21234716.jpg


       リッフェルベルグ駅に到着。
e0014154_21274485.jpg


       ここで、朝くばられたおにぎり弁当を野原に座って食べました。 
       きゅうりのキューちゃんとリンゴが美味しかった~
       長野県出身のアヤヤは「あんなリンゴ、日本じゃボケだ!」と切り捨てた。
e0014154_21444884.jpg
 

       この後、ハプニング~
       私、登山鉄道の切符(乗り降り自由券)をなくしてしまったんです。
       
       この日は午後から自由行動。
       ツアー初日に言われた、添乗員さんからの三つのお願いを思い出す。
       1. 時間厳守
       2. 健康管理
       3. 貴重品の厳重管理  なくした物は、まず返ってきません! 
       意気消沈…  
       いちかばちか、初めての英会話。 駅員さんに
       「Excuse me. I lost my ticket…」 そしたら

       「おお、それなら届いてるぜ!」と多分言ったと思う。

       スゴイ! 無事に私の切符は戻ってきたのです。 そして
       英語が通じた! 嬉しくなっちゃった私なのでした。


       この日の午後、初めての自由行動。
       初めての英会話がうまく行った事が、よかったのかどうか?

       3人おばさん組は、大胆なハイキングに突入したのです。
[PR]

by tatimaru-goro | 2008-07-25 20:08 | スイス | Comments(2)
2008年 07月 25日

スイスの思い出(4)

7/19(土) この日の午後は、いよいよ自由行動。
        ケーブルカーでスネガ展望台まで上り、ツェルマットの町まで
        下るハイキングを決行しました。

        ガイドブック片手に不安気な私をよそに、ドンと構えた他2名。
        3人寄れば文殊の智恵  なんとかなるさ だって。

        結局、日本人には1回も遭遇せず。
        所々にあるドイツ語の標識を食い入るように見つめ、
        コースが合っているんだか、間違っていたんだか?
        1時間半と書かれていたコースを3時間15分かかって
        ツェルマットに辿りつきました。


        スネガ展望台出発  午前中とはちょっと違う角度のマッターホルン。 雲も出てきた
e0014154_19573278.jpg
 
 
        まもなく、ライゼーに着く。 水遊びするスイス人家族。
e0014154_19585560.jpg


        このコースも、花盛り。 ゴルナーグラートとは違って背が高めの花が咲いていました。
e0014154_2001091.jpg

        かわいい野バラも咲いてた。
e0014154_2004778.jpg
        
        
        出発してから40分。集落が見えてきました。
e0014154_20221156.jpg


        ねずみ返しの小屋。  足の丸い円盤がそれです。
e0014154_20231124.jpg


e0014154_2025542.jpg
   
       この集落にあったレストランに、ドキドキしながら入りました。
       だって、スイス人が大勢くつろいでて、日本人として妙に物おじ
       せざるをえない雰囲気があったんです。
  
       が、ハイジ&アヤヤは凄い。 片言英語でずんずん進む!
       さすがに、恥ずかしくって写真は撮れず…

       オーダーした通りに アイスティとバニラアイスが運ばれて、
       こんな事に感激♪  美味しかったこと
e0014154_20305963.jpg


       店には、エーデルワイスが植えてありました。
       
e0014154_20321957.jpg


       再び、出発。 マッターホルンを前方にみながら歩きます。気持ちいい
e0014154_20341698.jpg

         やがて、森林帯へはいりホッとしました。 涼しい
e0014154_20364350.jpg


         午前中に乗った登山鉄道の下をくぐります。
e0014154_20373562.jpg

         この鉄橋の下で、電車が通るのを待っていたら、
         スイス人に話しかけられ、面白かった! アヤヤ&ハイジはスゴイ。
         でも、お互いどれだけ通じたんだかね? 
          富士山が何だって言ってたの? ナイアガラがどうしたって?

         やっと、ツェルマットの町が見えてきた。 良かった…
e0014154_20382444.jpg


         町中で、山羊の群れと遭遇。 子供が連れてました。
e0014154_20385172.jpg


         やれやれ。
         この日の夕飯は、COOPで食材を買いホテルの部屋で。 
         お疲れ様でした~  ずっと下り坂で、足パンパン。。。
e0014154_2042654.jpg

         ツェルマット泊
[PR]

by tatimaru-goro | 2008-07-25 19:42 | スイス | Comments(2)
2008年 07月 25日

スイスの思い出(5)

7/20(日) 
e0014154_2056187.jpg

        もう一回、マッターホルンの朝焼けが見たくて、
        また暗い内からホテルを抜け出しました。

        今度は、アヤヤも一緒。
        でも、この日の朝は雲が多く、前日のようなモルゲンロートはなし。
        でもでも、このマッターホルンの旗雲もみごとでした。 
        お月さんまでお出まし。

        
        この日は移動日。 朝食も集合時間もゆっくりめだったので、
        一人で、お名残りおしいツェルマットの町を散策しました。
e0014154_2163928.jpg


        町はずれには、いにしえの素朴な家々が並んでいます。
e0014154_2175086.jpg


e0014154_219411.jpg


e0014154_219209.jpg


        これは、前日の写真。このあたりで見かけた坊や。 3つくらいかな?
e0014154_21111089.jpg


        真っ白できれいなワンコ。
e0014154_21114954.jpg


        ツェルマットを発つ間際。なんと駅前近くに柴犬が!
        気付くのが遅くて、写真が撮れなかったのが残念無念…。
        けど、おかげで添乗員さんが柴犬好きという事がわかりました。
 
        
        さて、ツェルマット~アンデルマットまでは氷河特急で移動。
        天井までガラス張りのパノラマカーです。
e0014154_21182338.jpg


        なんと添乗員さんも初めて見た、というアンティーク車両が接続されていました。
e0014154_2120750.jpg
  

        彼女の気転で、私達のグループは少しの時間だけアンティーク車両でお茶をいただける事に。
        アヤヤの注文したビール。 ちょっと、ごしょうばん、美味しい~
e0014154_2123581.jpg
    

        氷河特急は、超遅い特急列車。
        景勝地や、いわれのある土地などでは、止まりそうな早さで走ります。
        各席にはイヤホーンが設置されていて、4ヶ国語くらいでガイドが聞けます。
        もちろん日本語も。
        驚くべきサービス精神旺盛なスイスです。

        アンデルマットに到着。さっそくワンコ。
e0014154_2138130.jpg


        昼食のあと、バスに乗り換えフルカ峠越え。
e0014154_2139144.jpg


        狭いジグザグ道を大型バスが行き来していて怖かった~
        往生しているのはフランスやイタリアから来ているバスだよ、
        と、ベテランのわがバスのスイス人運転手さんが笑っていました。

           
        ローヌ氷河見学。 
        手前のテント張りの所から、5スイスフランで氷河の中に入れます。
e0014154_2225641.jpg

        地球温暖化で、この入り口はどんどん奥へ移動しているそうです。
        このまま温暖化が進めば、雄大なスイスの風景も変化してしまうのでしょうね。

        氷河の中。こんな中にもワンコが!
e0014154_21475235.jpg

 
        このコでした。
e0014154_21482239.jpg


        このコも入るのかな?
e0014154_2148583.jpg

        
         このコは、赤ちゃんだから入らないかな?
e0014154_21495675.jpg

        
         
          夕方、いよいよベルナー・オーバーラント。
          アイガーの町、グリンデルワルトに到着しました。
          
          着いた時、大変な夕立。 ホテルの庭からの風景。
e0014154_21563730.jpg

          グリンデルワルト泊。
[PR]

by tatimaru-goro | 2008-07-25 18:56 | スイス | Comments(0)
2008年 07月 25日

スイスの思い出(6)

7/21(月) 駅から撮ったグリンデルワルドの町です。
        この町のどこからでも、アイガーが見えるそうです。
e0014154_2137358.jpg


        この日は、登山電車に乗ってヨーロッパで一番高い所にある駅 
        トップオブヨーロッパ(ユングフラウヨッホ駅)へ登り、午前中はハイキング。
        午後は、自由行動です。

        駅構内の風景。 
        さっそうとした飼い主さんの後をノーリードでとぼとぼ付いて行くワンコ。
e0014154_2144469.jpg


        車窓から。 どうも雲が多いな…
e0014154_21454275.jpg


        このユングフラウ鉄道は、1時間30分の乗車のうち、1時間以上がトンネルの中です。
        アイガーとメンヒの胎内をひたすら走るのです。

        このトンネルは、驚くことに日本でいう大正時代に掘られ、
        16年もの歳月をかけて完成したそうです。
        想像を絶する難事業だ~  だって手で掘ったんでしょ?
        富士山より高い山よ。 めちゃくちゃ寒いでしょ。

        途中駅が2ヵ所あり、5分間だけ降りることができます。
        これは、そこの展望窓。 この日は雲で視界ゼロ。残念。
e0014154_2212568.jpg

        この窓は、アイガー北壁に開いているんですって。
        そして、アイガー北壁に挑む登山者が万一遭難した時は
        ここから救助に向かうとか… ひゃ~~

        1時間も暗い中、寝ないように注意します。 寝ちゃうと高山病にかかるとか。

        標高3454mのユングフラウヨッホ駅です。
e0014154_2221395.jpg


        この駅の構内にもワンコが。
e0014154_22213080.jpg


        ここから、さらにエレベーターに乗って、スフィンクス展望台へ(標高3571m)
        よかった~ 雲の上は晴れていた! 風が強い!-8℃だって!
        この山が、ユングフラウ。たぶん…
e0014154_22221179.jpg


        ヨーロッパ最長のアレッチ氷河が見えました。
e0014154_2224217.jpg


        この山は、メンヒ。 ほんとだ、横顔に見えます。
e0014154_22261688.jpg

   
        うわっ!さっきのコ、こんな所に。 コワイよねぇ~
e0014154_22361265.jpg


        
        駅に戻って、ホットチョコレートをいただきました。すっごく美味しい♪
e0014154_22372788.jpg


        ここでは、犬ゾリが体験できるそうです。 この顔~ 五郎を思い出しました…
e0014154_22401492.jpg

        
        再び登山電車に乗り、来たトンネルを下ります。
        そしてアイガーグレッチャー駅~クライネシャイデック駅までハイキング。
        これが、アイガーのグレッチャー(氷河)   雲が邪魔ですね。
e0014154_22423290.jpg

        歩き始めてまもなく、雷のようなドドドーーッという音にビックリ。
        現地ガイドさんによれば、氷河が崩れる音だそうです。地球温暖化…

        アイガーグレッチャー駅近くで、犬ゾリをするワンコたちがまったりしていました。
e0014154_22442763.jpg


        このてのワンコには、私は弱い…。可愛い~撫でたい。
e0014154_2244479.jpg


        ここでのハイキングも、花盛りの中でした。
e0014154_22492348.jpg


        
e0014154_22494293.jpg

       
         目指す クライネシャイデック駅が見えます。
e0014154_22514174.jpg


         
e0014154_2252356.jpg


        ふと振り返ると、雲が切れ、さっき行って来たスフィンクス展望台が。
e0014154_22531919.jpg

        

        アップ
e0014154_22535215.jpg


        
e0014154_2254188.jpg


        クライネシャイデック駅に着きました。 
        ここで、ランチの後 自由行動でラウターブルンネンへ向かいます。
e0014154_23122785.jpg


        
[PR]

by tatimaru-goro | 2008-07-25 17:03 | スイス | Comments(4)
2008年 07月 25日

スイスの思い出(7)

7/21(月) この日の午後は自由行動。
        この電車に乗ってラウターブルンネンへ。
e0014154_2042246.jpg
   
        
        ラウターブルンネンは、谷底の村。
        谷底といっても、氷河が作り出したU字谷。
        暗いイメージはなく、小さい可愛い村です。

        車窓から、ラウターブルンネンが見えました!
e0014154_2133043.jpg


        駅前からの風景。 どうしても訪れたかった村。
        ラウターブルンネンのシンボル シュタウプバッハの滝です。
e0014154_21332719.jpg
 

        この写真は、数年前に信用金庫がくれた日記帳の写真。
        この写真に魅了されたのが、スイスへの夢の発端なのです。
e0014154_21182135.jpg


        こちら、私の写真。 空が青かったらな…  でも、幸せです。
e0014154_21334985.jpg


        バラとシュタウプバッハ。 
e0014154_2134428.jpg


        ワンコとハイカー
e0014154_21341861.jpg
       
    
        ゆっくりと歩いていたら、2人とはぐれてしまった。
        すると、上のほうから私を呼ぶ声が…
e0014154_21382430.jpg

      
        げげげ… 手振ってるよ。 登るの~~? 結局、この旅一番のキツイ登りでした。

        でも、こんな所でもワンコに遭遇♪
e0014154_21425542.jpg
        
        ニコニコしてたので、「What his name?」と聞いてみました。
        「ハッピ~」だって! ウチの隣の犬とおんなじだよ!!
        「I’m happy too」と言ってみました。 
        そしたらニコニコ何かかんか言ってましたが
          ???笑ってごまかすしかない。

       このこの名前は聞きませんでした。
e0014154_21493567.jpg


       こんなにキレイな洗濯物。
e0014154_21502056.jpg


       
       ラウターブルンネンに満足して、電車でグリンデルワルドに帰ります。
       早速、ワンコ  ほんとによく見る
e0014154_2213746.jpg
       

       今晩の夕飯は、本場のチーズフォンデュ。
e0014154_22132937.jpg

       3人で2人分を注文。  すっごく美味しかった~~
       ワシワシ食べたんだけど、食べても食べても、チーズが減らない。
       でも、頑張って食べ干しました。 底のほうのおコゲがまた美味しいかった。

       もうこんな時間。 こんなに明るいのに。
e0014154_2233993.jpg

       
       この日、9時頃 不思議なものをみました。
e0014154_2244568.jpg

       アイガーが燃えているのかと思いました!
       見始めて1分くらいで消えてしまったんですが、なんでしょう?

       多分、雲間からの夕日が写ったのですね。
       山が高いと、こんな現象がおきるんだぁ。 びっくりしました。
       
       グリンデルワルド泊
[PR]

by tatimaru-goro | 2008-07-25 16:07 | スイス | Comments(2)
2008年 07月 25日

スイスの思い出(8)

7/22(火) この日も午前中ハイキング、午後は自由行動、お天気は濃霧。。。
e0014154_22253635.jpg


        まず、ロープウェイでフィルスト展望台まで登り、
        バッハアルプゼー(バッハアルプ湖)まで往復2時間のハイキング。 
        右に小さく見えるのがロープウェイです。
e0014154_22271673.jpg


        やっぱり。フィルスト展望台は深い霧の中。なんにも見えない。
e0014154_22304792.jpg


        でも、こんな中でのハイキングもまた楽しい~~
e0014154_22315294.jpg


       景色はあきらめ、花やワンコに集中~♪
       紫色の花は、魔女の爪というらしいです。 
e0014154_22325827.jpg

    
       一面に咲くキンポウゲの仲間。 アヤヤ曰く、牛も食べないキンポウゲ、だそうです。
e0014154_22381964.jpg


       カウベルが心地よく聞こえていました。
       霧で見えないけれど、牛がたくさんいるんです。 とっても気持ちいい。      
e0014154_2242144.jpg


       荷物の中身はなあに?
e0014154_2243260.jpg


       このコの連れのお嬢さんたちと、もう一匹のワンコ。
e0014154_22441036.jpg


       これは、多分ホタルブクロ。だと思う。
e0014154_22473638.jpg


       こんにちは~日本から来たの?
e0014154_2259162.jpg


       白い花は、ミミナグサ。 
e0014154_22564859.jpg

       ロープウェイ乗り場で買った、スイス高山植物ポケットガイドで調べました。
       なんと日本語のガイドブック、売っているんです。
        
       だけど、これが分からない。 現地ガイドさんも分かんないって
e0014154_2333644.jpg


       はしゃいでいたプードルちゃん。       
e0014154_2343224.jpg


       ご自慢のワンコって感じの、お父さんとボーダーコリー。
e0014154_2371741.jpg


       このコは、飼い主さんがいないみたいに自由に歩いてた。
e0014154_2383744.jpg


       連日のハイキングの疲れのためか? みんな、スローペース。
       困ったなぁ…
       午後から、ちょっと遠出を計画している私達は、とっとと進みたいのよ。

       結局、バッハアルプゼーをあきらめると決断を下した3人。
       グループを離れ、早々と来た道を引き返したのです。


          帰りのロープウェイから、小さく見えた牛たち。
e0014154_2325501.jpg

[PR]

by tatimaru-goro | 2008-07-25 15:25 | スイス | Comments(2)
2008年 07月 25日

スイスの思い出(9)

7/22(火) この日の午後も自由行動。  蒸気機関車に乗りに行きました。
e0014154_20534999.jpg


        12:20 グリンデルワルド発の電車に乗らなければ
        と大急ぎで駅に急いだ3人組。

        駅前はのどかなワンコ風景
e0014154_2115159.jpg


        ビッグなスイス人家族と水を呑むボクサー犬。 昨晩のチーズフォンデュのボリュームを思い出す。
e0014154_21163342.jpg

 
        この日のお昼は、ハイジがくれた「ぬれ煎餅・醤油味」。超美味しい~♪

        グリンデルワルド~インタラーケン~ブリエンツと電車を乗り継いで
        約1時間後、お目当ての ブリエンツ・ロートホルン鉄道 に辿り着きました。
e0014154_2124376.jpg


        この遊園地のSLみたいなのが、世界一急勾配を走る蒸気機関車で、
        スイスで唯一の汽車なのです。
        あまりの急勾配なため、ひっぱらずに押して走ります。

        ちょっと話それますが、ココで入ったトイレのドアが面白いの。。
e0014154_21301538.jpg


        女子は、さらにリアル…
e0014154_21305115.jpg


       
        さて出発。
        ロートホルン山頂駅まで約1時間のシュッポシュッポ汽車の旅。
        
        線路脇の古そうな農家もおしゃれ。 向こうにブリエンツ湖が見えます。
e0014154_2140645.jpg

        スイス人の遊び心。 所々にこんなお人形が立っていました。
e0014154_21412117.jpg


       
        途中の駅で降りたワンコ。 ココからハイキングでしょうか?
e0014154_21455215.jpg


        やはり登山鉄道なので、アプト式のギザギザ線路が分かりますね。
        この駅で蒸気機関車の動力源、給水がされていました。
e0014154_21494584.jpg

       
        車窓から見えた、放牧風景。
e0014154_21541437.jpg


        こんな近くにモ~
e0014154_21545879.jpg
      

        トンネルやヘアピンカーブやらで楽しい1時間は、あっというまでロートホルン山頂駅に到着。 

        ココにもワンコがすでにいた。
e0014154_21594862.jpg


       
e0014154_2201182.jpg


       ロートホルン山頂展望台まで、約20分歩きます。 段々雲行きがあやしくなって…

       雹が降ってきました。 寒い…ロートホルン山頂到着
e0014154_2222575.jpg


       展望台は、濃霧で全く見えない。 と思ったら奇跡のようなことが!
       ほんの5mくらいの所に、シュタインボックがいたんです!!
e0014154_2253054.jpg


       10頭くらいいたかな?
e0014154_228260.jpg


       この時、展望台まで歩いたのは私達3人だけ。
       みんな、どうせ景色は見れないし寒いしで歩かなかったのでしょう。
       シュタインボックも濃霧で警戒心が薄れていたのかな。
       なんてラッキーー。 

e0014154_2218315.jpg


       ココのレストランでもホットチョコレートを飲みました。
       ホットミルク&粉末チョコが運ばれてきて、自分で混ぜます。
       あったかいし、すごく美味しい~~
       さっそく買ってきました。 
       帰ってからは暑いので、冷たい牛乳に溶かしましたが、すぐ溶けます。

       私達が乗って帰る汽車が、登って来ました。 
       へんてこな山ですね。 ブリエンツ湖がキレイ。
e0014154_22254825.jpg

       

       
[PR]

by tatimaru-goro | 2008-07-25 14:29 | スイス | Comments(2)