気まぐれ日記 Blog De New

sibagoro.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 27日

お久しぶりです

e0014154_13474852.jpg

またブログを再開しようと思います。 よろしくお願いいたします。

この度の大きな大きな災害。
被災された方々、犠牲になられた方々、
心より、お見舞い申し上げます。 

復旧、復興のために御尽力されている方々、
本当にありがとうございます。

何も出来ないもどかしい私。

こんな時、私なんかのしょうもないブログなんて再開してもいいんだろうか?
節電すべきなのに、パソコンなんて向かってていいのかしら…



3月11日。
職場にいた私も、初めて経験するほどの地震を感じました。
長い長い揺れで、デスクの下に隠れました。

横須賀にも 津波警報が出されました。

直後から、電話が不通。携帯も不通。電車もバスも運行なし。

しかし、あの時はまだ、こんなにも未曾有の大災害になるなんて
思いもよりませんでした。

私は幸い、歩いても帰れる距離だったので、徒歩で1時間半
気が急いてせっせと家路をいそぎました。

横須賀市街地は大丈夫だったのに、我が家の地域は真っ暗 停電していました。
地震直後から、結局夜中の1時まで点きませんでした。

停電中の布団の中で聞いたラジオの信じがたい放送に耳を疑い、
だんだんと眠りにつきました。

幸いなことに、横須賀では被害はありませんでした。

けれど、だんだんと生活でも、仕事でも、混乱が押し寄せています。

いつもは、対岸の火事的気持ちが拭えない神奈川県民も、
今回は、本当に他人事ではない、自分の事として捉えているようです。

もちろん、実際に被災された方々の本当の悲しみ苦しみは想像を絶するもので
あるに違いありませんが、私たちも寄り添いたいと 真に思っています。

大自然の想像出来なかった驚異。
人が創り出した物の想像すべきだった驚異。

でも私たちは、それらに今まで、当たり前のように恩恵を受けて
感謝することも忘れて暮らしていた。

考え直せっ!って言われているんだな。 日本人がお手本になれっ!て。

冒頭の写真は、さっき空き地で撮った「つくし」です。
どんな時でも春は確実に来ますね。

「つくし」と言えば、ドリカムの 私が一番好きな曲「a little waltz」
の歌詞を思い出します。 
最後の「笑いながら歩いて行こう」が大好きです。

          * * *
春の丘のつくしのように 空に顔を上げている
夏の白いランニングシャツ 風と太陽染みこんでいる

秋の黄金の稲穂のように 豊かな夢輝いて
冬の星は遠く澄んで よく似ている貴方の目に

月の道は時を印す 永く永く声にもせず
月のようにそんなふうに貴方をそっと想っていたい

静かに見守る力は いつしか心を強くする
嵐の雲も遙か上は上天気

春も夏も秋も冬も 貴方をそっと想っている
春も夏も秋も冬も 貴方をずっと想っている

笑いながら歩いて行こう
笑いながら歩いて行こう

ルールルルールールルルルルルルー
e0014154_14311953.jpg


 
[PR]

by tatimaru-goro | 2011-03-27 14:31 | 徒然 | Comments(8)