<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 29日

チワワくん

とある場所で出会った可愛いこの子。
e0014154_1938368.jpg

なんか変?
ちょーっと普通じゃない可愛さ。

写真じゃ普通のチワワに見えるかもしれませんが、
どっか違う。
なんだろう?
毛並みが違うかな?

声を掛けたら、なーーんと、この子のお母さんは

柴犬なんだって!!!

お父さんは普通のチワワ、お母さんは普通の柴ですって。
べつに小さいミニ柴ではないそうです。

みかけはチワワ。
毛並みは柴で、ダブルコートです。

性格は柴だそうです。
無駄吠えいっさい無しですって。
すっごい大人しいの!

4匹兄弟で、全員チワワサイズ。
二匹は柴顔でもっと濃い色、
二匹はチワワ顔でクリーム色ですって。

超・飼いやすい子だって。3歳で2.5kgだそうです。
[PR]

by tatimaru-goro | 2012-07-29 19:47 | ワンコ | Comments(0)
2012年 07月 28日

落下した実

帰宅してブルーベリーを見回ったら、案の定、4つ落ちてました。
e0014154_19365679.jpg

形からいって、多分全部ウッタードです。

自然落下ですから完熟でしょう。キズもないので洗って口へ ポイ!
ちょっと甘酸っぱい、まあまあ美味しい。

最近、朝夕 ブルーベリーの実を見廻りしてます。
2本しかありませんけどね。

* * * * *

先週、母の入院先から今後の話があるとの事で
呼び出され、兄と二人で病院へ行った。

看護師長と事務長が、面会室での応対だった。
終始物静かで穏やかな口調のお二人だった。

けど、内容は、要するに退院勧告でした。

病院の平均在院日数がせまっている。
これを越えると点数が下がる。
お母様の場合、検査、治療といった医療行為がなく
病院としては、ランクの低い患者。

他に入院できる病院はありますか?と聞くと
今の状態で受け入れる病院を捜すのは難しいでしょう、と。

が~ん、元気な人でさえ熱中症が心配なのに…
緩和ケア病院(ホスピス)に入るのは、まだ尚早。
この4月から、ホスピスも6ヶ月までと期限が決められてしまったのだ。

家に一人で置いておけない。
今母が元気なのは、病院で安心しているから。
家にいる時より顔色がイイのも、病院のお陰。
大変ありがたく思っているんです。
と訴えた。

お二人も立場的に苦しそうだった。
医療制度改革が日々進んでいるとのこと。
病院経営も切実な問題らしい。

お母様は、長い間外来で当院を利用して頂きましたし。
出来るだけお力になりたい。
個室に、このままずっと入っていただければ
病院経営からみたら、トントンなんです。
ただ、ずっと一般病棟で とは無理なのです。
そこで、療養病棟に個室が一つ空いています。
そちらに移っていただいて、そこで次を決めて
いただけますか?
と言われた。

もちろん。有り難い提案。
粘って、夏が終わる9月まで置いてもらえる事となった。
よかった。
9月まで…
その後、どうなることやら…

そういう訳で、母は療養病棟へ引越した。
今までの2階から4階へ。

部屋は、ほぼ同じ広さ。
ユニットバスは無し。 トイレ・洗面台は有り。
トイレに段差が無くなった、手摺りもある。
なので、トイレに行けるようになった。
でも、ベット脇のポータブルトイレはそのまま設置据え置き。
夜間用だそうだ。

どこもここも古い。そんな感じの病院だけれど
贅沢は言えない。
古くても、もちろん清潔感はある。
4階になって、さらに明るい部屋で見晴らしもいいし、
江ノ島も見える。
廊下に出れば 窓から、もしかしたら母の家も見えるかも…

主治医の先生は母のお気に入りで毎日診察があるし
スタッフは、みんな優しくて良くしてくれるらしい。
本当に感謝。
[PR]

by tatimaru-goro | 2012-07-28 20:30 | 徒然 | Comments(0)
2012年 07月 24日

ブルーベリー初収穫

前回のブルーベリーの実の報告から一週間がたちました。
e0014154_223144.jpg


まだ振っても突いても落ちません。
e0014154_2232247.jpg


でも~もう我慢出来ない…
採ってしまった。
e0014154_22334756.jpg

右2個が「ウッタード」 左2個が「ティフブルー」

美味しかった~ すこーし「ティフブルー」の方が濃い味。
たった4個だけど、満足。

* * * * *

7/19 先週の木曜日、母は入院後初めて外出して家に帰って来た。

前日の水曜日、私は実家に泊まり、木曜日は有休を取った。

朝7時、病院の母から電話。
何事かとビックリして電話に出たら「ハンコ持ってくるの忘れないでね」と。

提出した外出許可証に押印が出来ないでいたのだ。
私も忘れないようにと思っていたが、母も気にしていたのか。
まだまだ頭はシッカリしている。

朝、母を迎えるために ひと通り掃除をし8時半に病院へ迎えに行った。

母はすでに朝食を終え、着替えの服を待っていた。
当初、
外出なんてしなくていいわよ。
面倒かけるだけだわ。
帰っても、別にすることないし。
何て、言っていた母。
本当はやっぱり心待ちにしていたんだ…

久しぶりの我が家。
母は、すぐにお風呂に入った。
病院では、シャワーしか浴びれないから。
ゆっくり存分に入っていた。
本当に、丁寧に自分を洗っていた。

そして洗濯。
母の指導のもと。
そして干した。母の干し方指導で。

お昼は、冷やし中華。
錦糸卵、キュウリ、細切り人参(茹でた)、トマト、ハム。
柔らかめに茹でた麺。
母は、美味しいと言ってくれた。

午後、昼寝しようとしたら従姉妹がやって来た。
母は横になったまま、私と3人でお喋り。

3時のオヤツは、ブルーベリースムージー。
冷凍ブルーベリー+ヨーグルト+バニラアイス×ミキサー

従姉妹が帰った後、私は睡魔に襲われた。
ウトウトしていたら、母は何やらゴソゴソ動いていた。
あっちこっち、ゴソゴソ。
私が寝ている間に、何か秘密のゴソゴソをしているようだった。

結局、母は一睡も寝ないまま病院へ戻って行った。
病院の夕飯に間に合うように。

今度は、外泊してみましょうね、と私が言ったら
そうね…と嬉しそうに答えてくれた。
[PR]

by tatimaru-goro | 2012-07-24 22:33 | 徒然 | Comments(0)
2012年 07月 18日

ゴロちゃん暑いね~

今、そこが一番涼しいの?
e0014154_9335257.jpg

ホコリ吸わないようにね!
e0014154_9342714.jpg


今、いちばん大きなブルーベリーの実。
ウッタードの実で約2cm。
e0014154_9362371.jpg

ウッタードは新入りのブルーベリーだから楽しみ。
どんな味かな~??
まだまだ収穫しません。
[PR]

by tatimaru-goro | 2012-07-18 09:37 | ワンコ | Comments(2)
2012年 07月 17日

ブルーベリー

もうすぐ収穫?

  ウッタード
e0014154_6592151.jpg


  ティフブルー
e0014154_6593295.jpg

いえいえまだまだ… 風で落っこちるくらい熟すまで待つ。
これが私の主義(そんなタイソウに言う事でもないけど)

我が家は何故か小鳥に横取りされることはありません。

収穫は、下から突いてポロっと落ちるくらいかな。
そうすると甘くて美味しい実が楽しめます。
少しでも早いと美味しくないの。これが去年の私の教訓。

でもこれ、風で地面に落ちてベチャ… になる可能性も大。
賭けです。

* * * * *

母が入院してから、約3週間がたった。
母の調子は上々だ。
自宅で療養していた時より、顔色がいい。
出される病院食は毎回ほぼ完食。

顔のシワが少なくなったような気がする。

栄養士さんが来てくれて、食事の事など相談できるらしい。
母は、お粥をご飯に変えてもらった。
噛みごたえが欲しいらしい。
それは良いと思った。
噛むって脳にとって大切らしいから。

排便も自力で出来るようになった。
いくらスッキリするからって、浣腸は嫌だもの。
よかった。

自宅に一人でいれば、どうしても無理をしてしまう。
病院では、先生、看護士、お掃除の人等々、
色々な人達が訪れて、結構気が紛れるようだ。
でも、ココに居れば足腰は急速に衰える。

入院して良かったのか?どうなの?
[PR]

by tatimaru-goro | 2012-07-17 07:29 | 徒然 | Comments(0)
2012年 07月 09日

ミニバラの花束

母の入院先に持っていったミニバラ。
e0014154_222087.jpg
 
左から、イエスタデー、姫、フランシーヌ・オースチン、プリンス・メイディランド です。

残念な事に、生花は飾ってはいけないとのこと。
そんなぁ~~(悲)

帰ってくる時、撤収しました。
でも、母が可愛いねえって愛でてくれたので
満足です。

* * * * *

母が入院してから、10日がたった。
母は、食欲も回復し落ち着いている。

食事は味が物足りないらしい。
けど、お粥は丁度良い塩梅で美味しいって。
毎回ほとんど完食だと自慢していた。

当初していた点滴もはずれ、明るい個室で
本人は、有り難いと満足している。

しかし、何なんだ、この病院…
造りが古い病院だからか?
どこもかしこも、手すりが無い! こんなの有り得ない。
患者は年配者ばかりの小さな病院なのにだ。

母の個室も然り。
せっかく有るユニットバス(トイレ付き)も手すりなし。
それどころか、入り口に2段ほど階段が有る!
母は転んだら大変と言って、使っていない。

更に、なんと母の部屋のフロアーは個室しかなく、
共同のトイレがない!
結果、母のベッド脇に ポータブルトイレが置かれている。

母は、看護婦さんが親切でいつも清潔にしてくれて…
先生は毎日診てくれるし
(この先生が母のお気に入り、にこやかな顔)、
看護婦さんは体温測ったり、血圧測ったり、
お掃除の人やら、色んな人が入ってくるのよ。
ウチで一人でいるより、安心…

と言って母は大満足。

でも、これじゃ歩かない生活だ。
足が弱っているだろうな。
でも、母の想いが一番大事。 と思うしかない。

在宅医療で往診してくれていた先生に電話で
入院できた事を報告した。
「まだ、入院するほどではない状態でしたが
本人の希望だったからね。よかったですね。
また、退院するような事になれたら、
お手伝いできるようでしたら、またお手伝いしますよ
遠慮無く連絡ください。」
と仰って下さった。
この先生のお人柄も私は好きだ。

兄は、毎日会社帰りに母の所に寄っているようだ。
母は、きっととっても嬉しいに違いない。
実家にも引き続き兄が泊まっている。

叔母(母の妹)も足繁く、通ってくるらしい。
私が母の所に行く時、叔母も一緒に行くから
迎えにきてね。本当は毎日行きたいの。
と電話で言っていた。

私の他に、自分の息子や娘も使って通っている。
姉妹とは、こんなものか?
姉妹のいない私には羨ましい。

病室で、3人でのランチ。
叔母も家では一人暮らし。
みんなで食べれば美味しいもの。

あまり母の所に行けない私。
洗濯物は兄嫁がしてくれるし、
兄と叔母が行ってくれて、本当に有り難い。
[PR]

by tatimaru-goro | 2012-07-09 22:55 | 徒然 | Comments(2)
2012年 07月 05日

五郎の胸

e0014154_21284128.jpg

五郎も10歳になったという事で心臓の検査をしました。

薦められるががままに受けることに。ところが…
ガ~~ン。。。
セットで25,000円! 高い。
セット内容は、血液検査・X線検査・超音波断層検査・心電図検査。

ボーナスが飛ぶ。

五郎くん、心臓も元気でした。 よかったね♪
e0014154_21341855.jpg

来年は、一番安い心電図検査だけにしよう。
[PR]

by tatimaru-goro | 2012-07-05 23:06 | ワンコ | Comments(2)