<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 26日

ひさびさ・押し入れ五郎

イタズラして押し入れでお仕置きされた訳では
ありません。
e0014154_20575429.jpg

ここには五郎のお蒲団が入ってます。

でも… 気まぐれ五郎さんは、いろんな所で好きに寝て
うらやましい限りです。
e0014154_2112266.jpg

ほんとに白い犬だよね。。。
e0014154_2115489.jpg



* * * * *

母の所には、休みの日にしか行けない。
なので電話は出来るだけするようにしている。
でも、声の色で母の様子がよくわかる。
最近の声はハリがある。
病院にいた時よりも、家で一人療養していた時よりも。

10/11(金) 
私からの要請で、ゴロちちが母の所へ行ってくれた。
母の部屋の照明環境を改善してもらいたかった。
 
母は夜、真っ暗でないと眠れない人だ。
でも、夜でもトイレに起きる。

トイレとその前の照明は、センサーで点くけど
そこへ行くまでが真っ暗。
スタッフを呼べば、と言ったが、呼ばない。と言う。
なんか意地はってる。

そこで、ゴロちちに託した。

ゴロちちは、電気屋さんで色々探しまわってくれて
枕元に小さいライト、足元にセンサーライトを買ってきてくれた。
e0014154_2121823.png

e0014154_21235492.png

願い通り、とてもいいのが買えた。ありがたい。

入居して一週間が過ぎ、母は落ち着き、慣れてきた様子。
なんと1階へ出かけていき座ってできる体操をしたらしい。
いつも部屋まで運んでくれるオヤツも1階で皆さんと食べたとか。

他の日、1階でカラオケ会!? 
母は唄いこそしなかったらしいが、楽しい時をすごしたみたいだ。

1階の認知症の方々と接し、自分は皆さんほど不自由じゃないのに
申し訳ない…  頑張らなきゃと呟いていた。

10/17(水)
私が行くと、洋服のことが気になるらしく色々言う。
急に寒くなったし。
しかたなく、それじゃ一度家に帰って、自分で箪笥を探して!
と言う訳で、実家へ母を連れ出した。

とりあえず、箪笥からあれやこれや… 運んだ。

家の周りを見渡し、母ため息。
枯れ葉がいっぱいだったからだ。

いったい、お兄ちゃんは何してんだか。
気にならないのか。
(兄は、夕飯とお風呂は自宅で済まし、
寝るだけ母の家でしている。)
これじゃ、まるで空き家みたいだ。と怒ってる。

後日、兄は母に言われたらしく、私が掃除に行ったら綺麗になっていた。
御苦労さまです。

10/24(水)
私が行くと、母は散髪の真っ最中だった。
月に一度、美容師さんが来てくれるらしい。
ちょうど切ってもらいたい時期だったらしく満足げ。
私と叔母(母の妹)に、どう?カッコいいでしょと言った。
料金¥1500 安い。
病院では、¥3500 だったもの。 そっちが高すぎなのか?

ここでは、お風呂は週に2回。
部屋を出る時から、ずっと一人の人が見守ってくれるらしい。
見守ってくれれば、あとは母は、おおむね一人で出来る。
でも頭は洗ってくれて、気持いいって言う。
浴槽も、家のより入りやすく、しかも肩まで浸かれるらしい。
そりゃ良かったね。

時々、姪たち(母には姪が沢山いる)が訪ねてくれるらしい。
電話すると、今日は誰が来てくれたと報告してくれる。

昨日は、とても嬉しそうだった。
母の実家の甥っこのお嫁さんが訪ねてきてくれたとか。
母は、なにせ生まれ育った自分の実家が大好きなのだ。

お義姉さん、今年の初めに亡くなった伯父(母の兄)のお嫁さん。
今年99歳になる、そのお義姉さんの様子が気になっていた。

甥っこのお嫁さんからお義姉さんの元気な様子を聞いて
本当に嬉しいと言っていた。
会いたいんだろうなあ。
会わせてあげたいなあ。
[PR]

by tatimaru-goro | 2012-10-26 22:06 | 徒然 | Comments(2)
2012年 10月 19日

五郎近影

秋が急に深まり、温度計のような五郎は
とたんに丸まります。
e0014154_19282613.jpg


本当に、ワンコは気温に敏感。
愛犬の様子で、秋を実感している犬飼さんは私だけじゃないはず。
e0014154_19301562.jpg


* * * * *

10/5(金) 母が、シニアメゾン(老人ホーム)に入居する前夜。
支度を急ピッチで進めた。

夕飯後、まず母は入浴。 母は熱めのお湯が好き。
私とは違い、実にじっくり洗い、お湯に浸かる。
けれど痩せて体が軽くなったので、浮いてしまう。
私は、肩にずっとお湯をかけ続けた。母は、満足そうに
あったまったわと言ってくれた。
最後になるかもしれない我が家のお風呂。 良かった。

母のお風呂が終わって、キッチンをみたら
シンクが夕飯の残骸のまんま。
かたわらで、TVを観てくつろぐ兄。

思わず、
「準備はしたんだから、後片付けくらいしてよ!!」
「もーーいいわよ!私がしますよ!!」
プンプン怒りまくって、後片付けする妹・私。

その後の、入居準備は積極的に動いてくれた兄だった。


10/6(土)
10時半ころ、母は兄と私に付き添われて入居した。
この日の昼食から、お世話になることになった。
緊張気味の母。

なんと、私と兄にまたしても昼食を用意して下さった。
母と兄と私、一緒のテーブルで同じものを御馳走になった。
チキンのクリーム煮。大根とアサリの炊き合わせ。酢の物。
とっても美味しかった。
緊張していた母には、初めてのご飯だったので良かったこと。

しばらくして、兄嫁と姪が到着。
ここは、面会の人にお茶を出して下さるようだ。
私はミルクティを所望してしまった。

母に3時のおやつが出たところで、私はみんなにサヨナラした。


10/10(水)
五日ぶりに母を訪ねた。
不思議なことに、病院にいたころよりもシャンとしているように見えた。

何が違うんだろう?
ずっとパジャマ姿でいる病院と違って、ココでは毎朝着替えが必要だ。
食事も、ベッドの上でしていたのが三度三度ダイニングルームまで出かけなけ
ればならない。
母は、当初それが嫌だったようだ。億劫だし自信もない。

けれど半ば強制的なような感じではあったけど、それが良かったに違いない。

ここは、2階建て。
1階は認知症の方。2階はその他の方。と分けられている。
食事もお風呂も、それぞれのフロアにあって分けられている。
それが、ここに入居する決めての一つだった。

母は、他の入居の方たちとも、うまくやっていけそうだ。
2階のフロアは、母を入れて女性4人、男性3人。
みなさん、物静かだ。
地元の方たちが多く、話も合うようだった。 安心した。

そうなると、着替えの洋服が気になるようで、あれやこれや
私にいいつける。
私は嬉しい。
今まで、体の不調ばかりを気にしていた人が、
身なりを気にしだしたのだ。

けれど、やはり、夜なかなか寝付けない。
お通じが思うようにない。
これが最大の関心事には変わりない。

でも幸せだよね、お母さん。
病気が暴れださないんだもの。ほんとにありがたい。

続く…
[PR]

by tatimaru-goro | 2012-10-19 20:18 | 徒然 | Comments(2)
2012年 10月 14日

パソコン

パソコンが到着しました。
e0014154_1631968.jpg


と言っても、これは借り物です。
出費がかさんでいる我が家、ゴロちちの友達のmomopapaさんが、
貸して下さるという事で、宅配で届けてくださいました。

お手数おかけしました。助かります。

それにしても… サクサク進む~~~
今まで、どんだけイライラしたことか。


* * * * *

10/6(土) 一週間前に母は実家近くの有料老人ホームに入居した。

さかのぼり記録。

9/26(水)に、兄と見学に行く。 その時もらった書類をすぐに
病院に提出し、作成を頼んだ。

9/29(土)に、兄夫婦がホームに申し込みに行く。

10/3(水)ホームのケアマネージャーさん、看護師さんが母の
病室を訪ね、面接があった。 私と叔母(母の妹)が立ち会う。

見学に行った時に応対して下さった感じのよいケアマネさんだった。
そして、看護師さんがとっても美人! ミキティに似てる。
叔母も、印象よくするために、わざと美人をよこすのかしら?
なーんて言う。    まさかそんな訳ないよ~~
1時間強の面接だった。
無事、入居OKの通達があった。

10/5(金) 午後、半休をとり母の病院へ行く。
母は、すべて一人で荷物をまとめ(といっても少ない荷物だったけど)
首を長くして待っていた様子だった。

間もなく兄嫁も到着、会計を済ませてくれた。
7月から入院していた(途中出たり入ったりしたけど)病院を出た。

もう、この病院にお世話になる事はおそらくないだろう。
長いこと、本当にありがとうございました。

この日は、実家に泊まった。
兄と私と母と。 3人の夜。 水入らずでゆっくりと。

とは行かなかった。
買ってきたパジャマ2着のすそ上げ、胴回り直し。

持ち物チェック。 すべてに名前書き!!
兄と二人で、夜なべした。

続く…
[PR]

by tatimaru-goro | 2012-10-14 17:02 | 徒然 | Comments(0)
2012年 10月 11日

パソコン壊れてます

ずっと更新できないのは、そういう訳です。
今こっそり… ナイショで会社のPCから送ってます。

では…
[PR]

by tatimaru-goro | 2012-10-11 13:23 | 徒然 | Comments(2)