<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 24日

大岡川へ

あいにくの花曇りの横浜・大岡川。 桜満開でした。
e0014154_1584373.jpg

e0014154_151023.jpg

ちょっと寒いし朝早かったので人出もいまいち。
e0014154_15112752.jpg

e0014154_1512010.jpg

近くの珍しいトンネルまでお散歩。
e0014154_15143192.jpg

大原隧道といいます。昭和3年開通。 関東大震災の復興でだそうです。
e0014154_15151066.jpg

中を歩きます。 結構長い。 面白い空間。

五郎も嬉しげに歩きました。
反対側。
e0014154_15182386.jpg

清水ヶ丘公園へ。
これは何という桜かしら? 鮮やか。
e0014154_1521319.jpg

丘のすみれが何て可愛らしいんでしょ。
e0014154_15222763.jpg

丘のてっぺんから、ランドマークタワーが霞んで見えました。
e0014154_15231346.jpg


上大岡のロイホのデザート。 超オイシイ。 テラス席ワンコOK。膝掛け有り。
e0014154_15254544.jpg

[PR]

by tatimaru-goro | 2013-03-24 15:27 | 徒然 | Comments(3)
2013年 03月 19日

モクレン並木

e0014154_2046523.jpg

先日の日曜日、久しぶりに二人と一匹で散歩しました。

満開のモクレン並木です。
e0014154_2051516.jpg


五郎と。
e0014154_20485493.jpg


五郎、白い犬。
e0014154_2049511.jpg


いいお天気。
e0014154_20504795.jpg


2週間前、3月6日に母は亡くなりました。
日付が変わったばかりの頃。

兄と私、二人で最期を迎えました。

真夜中にも拘わらず、すぐに先生がかけつけて下さり
葬儀社のかたもすぐに来て下さり、間もなく自宅に帰って来れました。

母は、2泊しました。
色々な方々が訪れて下さいました。

お隣りの高校生の坊ちゃんは、一人で来て下さいました。
母が一人暮らしで、ご近所とどんな風にお付き合いしてきたのか…
垣間見る感じでした。


気楽に、結構楽しかったのかしら? 
病気にならなかったら、もっともっと楽しめたのに…

お母さんの好きなもので2つお弁当をつくり、棺に入れました。

とっても沢山のお花で祭壇を作って頂き、素敵なお葬式が出来ました。

お葬式は小さく小さく、ごくごく身内で済ましてね。って言われたけど
なかなか、そうも行かなかった…
だって、親戚多いもの。

自宅に帰って、ほっとしたら 我が家の河津桜が満開でした。
e0014154_2112741.jpg

[PR]

by tatimaru-goro | 2013-03-19 21:14 | 徒然 | Comments(10)
2013年 03月 02日

3月になった

弥生3月になりました。
e0014154_2204024.jpg

私の母は、未だ生かされています。
医師から、あと一週間と言われてから3週間が過ぎました。

人生を閉じるのに、こんなに険しい峠を越えなければならないのか。
母は、私たちにこんな終わりかたもあるのだと、教えてくれています。

母には、がん特有の痛みがありません。それだけが救い。
そのため鎮痛剤の投与がなく、意識障害がない。
意識がクリアでいる、コミュニケーションがとれる。
今となっては、これが苦しみの一つ。

ポックリ逝きたかった、オムツの世話にだけはなりたくなかった。
今も悔やみながら、そんな事ばかり言っいる。
e0014154_22243452.jpg



もう一ヶ月も何も食べていない。
点滴は拒否。
自力での排尿はできず、1日1回管で導尿してもらっている。

何も食べなていないにもかかわらず排便は不思議とある。
三時間おきにオムツ交換。
たとえ汚れてなくても、毎回温かいタオルで拭いてくれる。
汚れていれば、お湯で洗浄。真夜中でも。本当に手際よく。

母が声を絞り出し、ありがとうと呟く。
気持ちいいと。
私は感謝の気持ちで一杯になる。

e0014154_22183548.jpg
一日はお赤飯の日。
私がいただきました。美味しかった。

お水を飲むのも、大変な作業になった。
もう飲み薬もやめた。

でも、サイダーが飲める。
サイダーは、むせないで、ゴックンできるのだ。

睡眠導入剤は、必死で飲む。
眠れない苦しみのほうが飲む苦しみより辛いから。
(その後、睡眠導入剤は、口で溶けるタイプに変わった。
 こんな良い物があったなら、もっと早く変えてほしいもんだ)

度重なる嘔吐で喉が胃液にさらされ、やける様に痛い。
これは座薬で改善された。

ほとんど目をつぶっている。
けど聞こえている。
私に、ずっとここに居てと言う。あんなに気丈な母が。

長丁場、お母さん、そうもいかないのよ。
交代で泊まり、仕事には行っている。
ごめんなさい、お母さん。
母親と仕事、どっちが大事?
お母さんに決まってる。
[PR]

by tatimaru-goro | 2013-03-02 22:21 | 徒然 | Comments(0)