人気ブログランキング |

気まぐれ日記 Blog De New

sibagoro.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 24日

網膜剥離の顛末⑤ 病室

動物病院の待合室にて。 手前、黒柴の可愛い子ちゃんに見とれる五郎。
e0014154_20443964.jpg


入院中、私の病室は4人部屋。
比較的ゆったりとしたスペースで、各室に洗面所、トイレ(もちウォシュレット)があり、
私は東南向きの窓側で快適でした。

見れないTVは、こんな状態にしてました。 ゆっくり見たかったよ~~~
e0014154_2139564.jpg



同室の方のお話。

お隣は93歳の方。   なんと!
だいぶ前にした 白内障手術で入れたレンズが、眼の中に落っこちちゃったんですって!
その眼の中を浮遊しているレンズを取り出し、新しいのを入れるための入院。

浮遊しているレンズが、もし網膜にくっついてたら、私と同じように うつ向き生活になるらしい。
ご高齢だから、それは大変。
でも、すぐに退院されたので無事だったようです。

入院中は毎日、息子さんがお見舞いに来られて、面白かった~
だって、毎回言い争い。 
70歳ちかい息子さんに、鍵は掛けたか火は消したか… ウルサイなぁ~心配すんな!
これが毎回。    
お小遣いもあげようとして、また怒られてる。
ほほえまずにはいられません。

お向かいのお二人は、耳鼻科の患者さん。
お二人共、鼻に腫瘍が。
転移しやすい腫瘍だそうです。。。  でも、とっても明るかった。

お一人は70代の方。
すでに5月に手術をされていて今回は検査入院。
一旦退院して、また2週間後から放射線治療だそうで、元気そうに退院されました。
TVを見てるのか? よく笑い声が聞こえてくる方でした。

 
もうひと方は、30代?40代?か。
おそらく腫瘍。転移するかもしれない。 とベッド脇に医師がきて告知してて、びっくりした!!!

ひどいです。 あまりにデリカシーに欠ける。
この方は、ずっと鼻か口か?チューブに繋がれているようで、うまく言葉が発せないようでした。
食事も流動食のようで。ご飯を食べたいと看護師さんに訴えてました。

私は下を向いていたので、まともに御挨拶もできず、顔も見れませんでしたが
みなさん、ちゃんと明るく御挨拶してくれて、しっかりと元気にしておられました。

TVも本も禁止の私は、呆れるほど暇で、静かな病室内で 自然と耳がダンボになったのでした。

by tatimaru-goro | 2015-11-24 21:13 | 私の健康 | Comments(0)


<< 網膜剥離の顛末⑥ 最終回      網膜剥離の顛末④ 手術の後 >>