人気ブログランキング |

気まぐれ日記 Blog De New

sibagoro.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:おでかけ( 60 )


2019年 05月 18日

浅草と上野

今日は東京国立博物館へ 「国宝 東寺 空海-仏像と曼荼羅展」へ
女子3人で行って来ました。

どうかな?と思いましたが、やっぱり混んでいました。
けど、人々にぶつかりながらも じっくりと、ぐるりと回って近くで観られるなんて凄い体験。

大迫力です。国宝です。

象に乗る帝釈天。 カッコイイ! この方だけ撮影OK でした。
e0014154_21391747.jpg
左足の親指が反り上がって、とても リアリティがあります。
e0014154_21390522.jpg
後ろからも。 象のシッポが以外に長いです。
e0014154_21391105.jpg
馬や牛や孔雀やガチョウ…にまたがっている明王や天の仏像様たち。
写真NGで残念です。

驚いたのは、シバ神とその妻を踏みつけている降三世(ごうさんぜ)明王。
ものすごく恐ろしい顔。
なんだって、シバ神ご夫婦をこらしめてるんでしょう?

イケメン帝釈天の澄ましたお顔が際立ちます。




三社祭りとはつゆ知らず、浅草へ。 思いがけず祭りの真っ只中に突入してしまいました。

e0014154_21481273.jpg

お神輿が去った後に参拝し、振り返ってみたら
e0014154_21392820.jpg
もう---もみくちゃデス。 DJポリスも初めてみました。

仲見世通りは、老若男女欧米人東洋人 目茶苦茶 入り乱れてて…

今半別館は、混んでて駄目かな?と思ったら以外や、すんなり通されて。
大名牛丼(数量限定)もまだあり、堪能出来ました。
e0014154_21395571.jpg
楽しかった~♪









by tatimaru-goro | 2019-05-18 22:08 | おでかけ | Comments(2)
2019年 05月 14日

北東北縄文遺跡めぐり1

三内丸山遺跡に行ってきました。
e0014154_12243641.jpg
二泊三日で北東北3県(岩手・青森・秋田)の縄文遺跡巡りです。

e0014154_12235658.jpg

ドドーンと、でっかい掘立て柱6本。 大迫力です。
e0014154_12242447.jpg

こんなふうに遠く八甲田山が眺められます。 縄文人も見てたんですね。
e0014154_12241235.jpg
沢山、土偶や土器を撮ってきました。 おいおいアップしようと思っています。






by tatimaru-goro | 2019-05-14 12:31 | おでかけ | Comments(0)
2019年 04月 30日

奈良へ 吉野山


平成の最終日。 今更ですが、奈良の続編です。
もう三週間も前の事です。 記憶が、、、うすれて、、、、ます。

前日、山の辺の道を歩いた日の夜、雨が降りました。
朝方まで降り続いた雨が、出発時刻7時半(こんなに早く出発!!)には止んだ~~!

雨のおかげで、いっそう空気が澄んで 空が真っ青でした。
e0014154_12070344.jpg
さあ、天気も上々。吉野山登山です。
下千本は満開。
e0014154_12064733.jpg
朝早い出発のおかげで混雑はさほどではなかった。
きっと私たちが通り過ぎた後は、身動きとれないような大混雑だったと思います。
e0014154_12121495.jpg
e0014154_12123424.jpg
中千本は六分咲きくらいだったかな?

有名な?胃腸薬のお店がありました。おっきなガマ蛙が~どーんと鎮座しててビックリ。
e0014154_12124980.jpg

奥千本は、まだ蕾? っていうか歩くのに一生懸命で桜が目に入らない。。。。
いつのまにか杉林に突入。 吉野杉??
e0014154_12134193.jpg
桜見物に来たつもりが。 杉林の行軍でした。
結構な山道。 険しさ。 危なさ。
e0014154_12140471.jpg
延々と下って下って。 この滝を見物しに。 蜻蛉の滝。
e0014154_12142732.jpg
e0014154_12144604.jpg

記憶があいまいになってしまって、いい加減な吉野山レポになってしまいました。
けれど、奈良吉野山は念願のスポットだったし、すばらしい景観なのは間違いなく。心に刻まれました。
e0014154_12163028.jpg
おしまい。






by tatimaru-goro | 2019-04-30 12:26 | おでかけ | Comments(0)
2019年 04月 10日

奈良へ 山の辺の道

再び奈良県へ行ってまいりました。
思いがけなく今年二度目の奈良で、思いもよらない いにしえトリップ。
e0014154_17404112.jpg

桜を見に奈良に行かない?とゴロちちに誘われて、
チャンスを逃すな!行ける時に行かなくっちゃ!!という事です。

一日目「山の辺の道」。日本最古の道といわれる道です。 
大神神社(おおみわじんじゃ)~玄賓庵(げんぴんあん)~桧原神社~景行天皇陵~崇神天皇陵~長岳寺
5km 約3時間の道のりでした。
e0014154_17470331.jpg
額田王の歌碑です。
「三輪山を しかもかくすか 雲だにも 心あらなも 隠さうべしや」

”懐かしい三輪山を見るのもコレが最後だというのに雲よ、どーして隠しちゃうの 
雲よ、お前に思いやりがあるんっだったら、隠さないで”


遷都って事で、大和から近江に行かなきゃならないの。
もう帰って来れないと思うのに切ないですわ。
っていう歌らしいです。

e0014154_17573174.jpg
柿本人麻呂の歌碑です。 書は、武者小路実篤。
「ぬばたまの 夜さり来れば 巻向の 川音高しも あらしかも疾(と)き」

”夜になって、巻向川(まきむくがわ)の音が大きくなってきたぞ。嵐がもうすぐ、来るぞ~”

っていう歌だそうです。
真っ暗な闇夜を想像させる ぬばたま(夜の枕詞) 嵐が疾るような巻向川の轟音。
怖いですね

万葉集の代表的な歌人お二人ですが、とても個性が現れていますね。

e0014154_19370332.jpg
↑の素敵なマダム。 ガイドさんです。
とっても上品な、たおやかな関西弁で、短歌を詠みあげて下さいました。

道すがらの、花々。。。
e0014154_19412306.jpg


e0014154_19413720.jpg


e0014154_19425890.jpg



途中の見晴らしのよい高台から見下ろした里の集落。
e0014154_19433580.jpg


その集落へ降りて着ました。
e0014154_19451501.jpg



こんもりとした丸山は、卑弥呼がおそらく眠っている「箸墓古墳」(はしはかこふん)。
前方後円墳も、横からじゃ分からないのね。  向こうは大和三山(?)
e0014154_19462039.jpg

山の辺の道の中で、ほんの少しのコースを歩いたのですが、
変化に富んで、桜満開で、古墳・神社・お寺・神聖な山 等々

歩きやすいし、お奨めなハイキングコースでした。

二日目は、吉野山登り。 11km・約5時間 登って降りて。。。

また後日に。










by tatimaru-goro | 2019-04-10 19:53 | おでかけ | Comments(2)
2019年 01月 30日

お伊勢参りのこと


いまさらですが…
昨年の 初めてのお伊勢参りのことを書きたいと思います。

JRの大人の休日ナンチャラに入ったのですが、お伊勢参りにはゴロちちさんの運転で参りました。
だって…    新車なんです。

五郎が亡くなって間もなく、五郎を乗せてアチコチ行った、五郎の臭いが染みついた車を換えました。
e0014154_12220858.jpg

今度の車は「柴 五郎」です。 
e0014154_12272120.jpg

こうして、三泊四日 アチコチ寄りながら ゆったり気分のシニア旅たっぷり 行って来たんです~。


一昨年の大河ドラマ「女城主 直虎」で舞台となった奥浜名湖の龍潭寺の庭。
e0014154_12320526.jpg
遠かったけれど、しっとり落ち着いて想像以上に素敵なお寺です。


豊川稲荷の門前で食べた「おきつね揚げ」。アツアツサクサクピリ辛 で最高! 
白髪ネギ+七味唐辛子+油揚げ+海苔(お醤油味)   大きなお揚げなのでランチになった。
e0014154_12411023.jpg

延々とドライブして伊良湖岬で一泊。 フェリーでいざ紀伊半島へ。

そうしてまず、伊勢志摩スカイラインで朝熊岳(アサマダケ)金剛證寺へ。
びっくりするほど大きな卒塔婆が延々と連なっています。初めて目にする光景。 少し異様にも感じる異空間でした。
e0014154_12541656.jpg

そして、いよいよお伊勢参り。

二見ヶ浦 二見興玉神社へ。
e0014154_12593055.jpg



そして、これからが本領発揮。
歩きました~~ 歩いて歩いて出来る限りの神社をお参りして参りました。

まず、外宮に駐車しまして。 神路通りを通って「月夜見宮」。
e0014154_13042937.jpg
どこのお宅にも玄関にお飾りが掛かっていました。こんなのが↓ 素敵ですよね。笑う門とかも。
e0014154_13053524.jpg
スゴイと思ったのは、お医者さんと思われる家も、こんなんなんです。
e0014154_13071688.jpg

それから、「外宮」をじっくり参拝しまして。
「倭姫宮」「月讀宮・伊佐岐宮・伊佐弥宮・月讀荒御魂宮」「猿田彦神社」
と歩いて走って参りました。

次の日、早朝に 念願の最高峰 皇大神宮 内宮で参拝。
e0014154_13184672.jpg

おはらい町で、赤福&お抹茶です。 これがなくっちゃ。  お伊勢参りの定番でしょ?
e0014154_13240841.jpg


それから、松阪市へ。
北海道の名付け親・松浦武四郎の生家を訪れました。

e0014154_13292282.jpg
松浦武四郎って、スッゴイ人なんですよ! 
幕末の 探検家・画家・著述家

近々 NHKで武四郎のドラマを放映予定です。 嵐の松潤・深キョンの主演です。

ここは、松阪、時間は13時。 おっと昼ご飯を忘れてましたよ~♪
食べました~ 松阪牛のステーキ丼~♪ 


さてでは帰りましょう。神奈川県へ。
でももう一泊。愛知県蒲郡市 西浦温泉で。 いい湯だな~~



最終日。 再び奥浜名湖です。
方広寺。 本当にとっても山奥なのに、巨大な見事なお寺。
突然存在するびっくりな大伽藍でした。

e0014154_13473185.jpg

最後のお寺。宝林寺。
茅葺き屋根のこじんまりとしたお堂。 大きな仏殿は修理工事中でした。
e0014154_13484762.jpg

浜名湖といえばあれ! お昼ご飯まだだし。
ってことで、うな重頂きました~~満足。


思う存分な旅でございました。ありがとうございます。
五郎ちゃんの家へ帰りましょう。


おまけで寄った 大井川に架かる蓬莱橋。
世界最長の木造橋でギネスに登録された橋だそうです。
男はつらいよ(大原麗子、泉ピン子が出演した回)のロケ地。
e0014154_13544888.jpg

おしまいです。







by tatimaru-goro | 2019-01-30 13:58 | おでかけ | Comments(4)
2019年 01月 21日

奈良へ

奈良へ行ってきました。
斑鳩の里 法起寺 です。三重塔としては日本最古だそうで。
e0014154_10555016.jpg
全くの晴天。のどかな奈良の里です。
この辺り、観光客は皆無。 お店もなく。 奈良の人お金儲けしたくないんだな。
昔のまま、変わらないことが幸せなんですって。

テクテク歩くのに最高です。



たっぷり法隆寺を拝観できました。ガイドさん有難うございました。
法隆寺の鐘の音。悠久の響きです。
e0014154_10584906.jpg
10時に10回の音を聞くのに
余韻が消えるまで次を打たないのがイライラする
私は、可哀相な心無しでした。



奈良 興福寺
ピッカピカの中金堂が落慶です。
e0014154_11042878.jpg
あんまりにピッカピカですが、創建時もこんなだったとの事。
平安の大昔も、ピッカピカだったと聞いてちょっと驚きました。
そうか、法隆寺も東大寺も最初は色鮮やかだったのか。

いにしえのくすんだ色彩は日本人の原点ではなかったのか。
鎌倉時代の武士の美意識だったのかも。

ですが、法隆寺は修復の時はピッカピカにしないそうです。
違和感のないように修復時直前の様子のままになるように
修復するのだそう。

有難う、その配慮。
色鮮やかな斑鳩の里は、いかがなもんかと思いますもの。



興福寺国宝館もじっくり拝観いたしました。
オフシーズン万歳。
外国人もここまでは入ってこないの? 静かです。
残念ながら 金剛力士像二体は、ヨーロッパに出張中でした。
e0014154_11283679.jpg

けれど是非見たかった阿修羅像・龍燈鬼・天燈鬼 などなど… 嬉しい。。
e0014154_11395448.jpg
e0014154_11401000.jpg


東大寺 大仏殿
大きい! やっぱ鎌倉とは違う!!
オフシーズンなのに、観光客多し! 東洋系外国人大多数。
e0014154_11210639.jpg
斑鳩の里とは別世界。
こちらは商魂逞しい・奈良の人。

奈良の長谷寺の冬ボタンも美しく堪能させて頂きました。
e0014154_11180901.jpg
観音様は… 鎌倉のと同じと思いましたけど。
鎌倉の方がスッキリとして大きく感じます。
観音様の佇まいが関西っぽい? 色々な物が周りにコテコテしてましたの。
私はやっぱり鎌倉の観音様が好き。

大仏様も鎌倉の方が好き。ひいき目です!


JRのCMに躍らされて、大人の休日なんとかに夫婦で入っちゃいました。
なので、行くぞ! 日本列島!







by tatimaru-goro | 2019-01-21 11:41 | おでかけ | Comments(2)
2018年 11月 29日

中山道を歩く




11/16~17 晴天の秋空のもと 「中山道 馬籠宿~妻籠宿」 をゴロちちと歩いてきました。
e0014154_23270957.jpg
新幹線で名古屋まで。 素晴らしい富士山が望めました。 幸先いいぞ。。 ワクワク
e0014154_23284966.jpg
一日目は、JR中央本線・中津川駅で降り立ち タクシーで苗木城跡へ。 ちょっと、マチュピチュみたいな山城です。
e0014154_23321896.jpg
天守閣展望台から見た、矢倉跡の石垣。  木曽川も見え、ぐるっと一周見渡せてなかなかの絶景でした。 
e0014154_23350457.jpg
そして、駅前のロッカーに預けた荷物を目指して、山城をテクテク下り、約6km 歩きました。
 
途中、こんな鉄道の陸橋があってビックリ! ゴロちち大喜び! 
昔、材木を運ぶために活躍して、その後廃線となってしまった北恵那鉄道(恵那電)の名残りだそうです。
e0014154_23445335.jpg

二日目は 坂の宿場町・馬籠宿を出発して、いざ妻籠宿へ。 約8kmのトレッキング。
e0014154_23481141.jpg
e0014154_23492348.jpg
ゴロちちは馬籠宿でなんと、百名山グレートトラバースの田中陽希さんと握手してもらった!
これから恵那山に登ると言ってたらしい。
私は、すれ違ったのは憶えてますが、有名人とは気が付かなかった~~~不覚。

馬籠宿のお土産屋さんの おすまし看板ニャンこ
e0014154_11071959.jpg


さあ、本格的な山道始まり~~ テンション上がります、こういう道。 出会う人々は、ほとんど外国人でした。
e0014154_23544550.jpg
途中に、こんな集落が現れるんです。 素敵です。 日本の原風景ってこれですね。 
なるほど、外国人には興味深々でしょう。
けど、不便だろうなぁ。 江戸時代から暮らして来たのかなぁ?
e0014154_23570128.jpg


e0014154_08451416.jpg
e0014154_11062951.jpg

集落の最後の住宅です。上の鎭守さまのお向かいにありました。 ここからまた山道へと入っていきます。
e0014154_11065504.jpg


峠のお茶屋さんです。 訪れるお客さんは80%外国人と言ってました。 納得です。
e0014154_09392077.jpg


e0014154_09390764.jpg

無料休憩所。 ここも外国人が沢山休憩中。 4/20頃は桜が満開だそうです。
e0014154_09393281.jpg
休憩所の中は、こんな感じです。 オジサマ達がお茶で”おもてなし”してました。
e0014154_09395218.jpg

e0014154_09394292.jpg


大妻籠宿を通過。  妻籠宿の少し手前にありました。 大きな旅籠(はたご)。 今でも泊とまれるのかしら?
e0014154_00010617.jpg

こんな看板もありました。 この辺りを警備して野生動物から作物を守っているワンちゃんでしょうか。
是非! 遭遇したかった。 無視するようにして下さいって? 無視できないでしょうよ~。
e0014154_00050856.jpg

 
ようやく妻籠宿が見えてきました。
e0014154_00025889.jpg

e0014154_00064513.jpg

馬籠宿とは、また違う雰囲気。 昔のまんまって風情。 ほんとうに素晴らしい日本の暮らし。
e0014154_00085595.jpg

e0014154_00091294.jpg

しかし、やっぱり外国人多し。 人がいっぱいでした。
山道では外国人(欧米人や中国人)にしか遭わなかったけど、妻籠宿には日本人もたっくさん!
e0014154_00121390.jpg

急に思い立って行ったのに、思いのほか楽しい旅でした。
最後に、旅の一番の目的五平餅を。 どれも個性的でしたが、それぞれ最高に美味しい~~~。
e0014154_00152074.jpg

e0014154_00153788.jpg

e0014154_00155810.jpg
二日間、それぞれ約二万歩も歩いたのに 帰宅して体重測ったら増えてた。。。 五平餅と栗と新蕎麦のせいに違いない。


























by tatimaru-goro | 2018-11-29 00:19 | おでかけ | Comments(2)
2018年 11月 07日

四万温泉へ

先日、義母の米寿のお祝いで群馬県の四万温泉(しまおんせん)へ行ってきました。
e0014154_23231222.jpg

企画をお願いした三浦観光さんのバスを借りて、運転手兼ツアープランナーはゴロちちの同級生。他参加者13名。
すばらしい晴天に恵まれた一泊二日の楽しい旅でした。
e0014154_23251710.jpg

行きも帰りも、富士山が望めました。 帰りは車窓から夕日に浮かぶ富士山のシルエット。残念、写真撮れなかったわ。
e0014154_23284074.jpg

こちらは、群馬県内から望めた谷川連峰(?)
e0014154_23300534.jpg

一日中いても飽きないと話題の道の駅「川場田園プラザ」のガチョウさんです。
e0014154_23314362.jpg
りんご狩りもしたんですが、不評~~
食べ放題ったってぇ。 せいぜい1個しか食べれません。 お店で試食バンバンできるし~~ でも林檎の木って可愛いわね。
e0014154_23352751.jpg
四万温泉の有名な「積善館」。千と千尋の神隠しのモデルになったとかならなかったとか?
e0014154_23371178.jpg
積善館には泊まれず、お泊りしたのはコチラ「やまぐち館」です。 いい温泉にゆったりのまったり。 
名物女将が、とても面白かったです。 紙芝居の熱演を披露してくれました。
e0014154_23383525.jpg

バスの道中はみんなでワイワイ。 安全運転のおかげで、何も、トラブル無く。
お義母さん念願の、坂東三十三観音のうちの群馬県の二箇所 → 水沢観音 & 白岩観音 にもやっと行けて
御朱印帳が完成に近づき、ご満悦でした。     よかった。

やれやれです。    次は九十九歳の白寿。 長生きします。多分。。。









by tatimaru-goro | 2018-11-07 23:51 | おでかけ | Comments(0)
2018年 09月 29日

千畳敷カールへ

お友達と3人で中央アルプス「千畳敷カール」へ。 地元発着・日帰りバス旅行で行ってきました。
e0014154_16433621.jpg
この日の朝、横浜は雨‥‥   あ~あ、とため息つきながら始まった大人遠足です。 (私の地元は横浜ではないです。ゴメン)
 (お友達は二人共、横浜。 私は集合場所まで、京急バス・電車乗り継いで1時間かかりました。でも横浜地元ってことに)

が、トンネルを抜けると(どこのトンネルだか?)、日が射してる!! 

信州はお天気でした。 雲もいっぱい有りましたが、それでも秋の雲。キレイでした。
e0014154_16470744.jpg

3人寄ればかしましい。 いっぱいお喋りできて、心も晴れたねッ♫
温泉入って、お泊りしたかったね、と不満も言いつつ。 横浜の夜に帰還。 ハマは夜も雨だった。

ところで今回のバス旅行でちょっと驚いた事。
日帰りバス旅行だというのに、ドライバーさんが二人搭乗だったんです。
スタッフは、添乗員さん1名+運転手さん2名 ということです。
なんか、すごい万全体制。
ちょっと高くても、旅行会社は命を預ける訳だから、選ばなくっちゃかな。とか思った次第です。











by tatimaru-goro | 2018-09-29 16:58 | おでかけ | Comments(3)
2018年 08月 29日

大曲の花火大会

8/25(土)秋田県大仙市 大曲の花火大会に行ってきました。
e0014154_14072298.jpg
五郎が亡くなってから、4-5日して、ゴロちちが「まだツアーに申し込めるみたいだ」と言って
誘ってくれたので、思い切って二人で出かけてきました。
スーツケースに五郎の写真を貼り付けてね。

東北新幹線に乗ってすぐに、ゴロちちが「あの富士山みたいな山はなんて山だろう?」って。

富士山でしょ~?
e0014154_14171506.jpg


五郎の心配を全くしないで出かけるなんて、変な気持ち。
なにせ この16年間、まず五郎をどうしようかって考えてから行動を決めてたからね。

秋田犬を撫でてきました。 久しぶりのワンコの毛並み。 犬の匂い。

五郎くん、一人で留守番ありがとう。
凄い花火だったわよ。 

五郎がいなくっても、お父さんとは何とか上手くやって行くから心配しないで。
これからは見守ってちょうだいね。 よろしくね。
e0014154_14102436.jpg








by tatimaru-goro | 2018-08-29 14:19 | おでかけ | Comments(4)