人気ブログランキング |

気まぐれ日記 Blog De New

sibagoro.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 09月 29日

千畳敷カールへ

お友達と3人で中央アルプス「千畳敷カール」へ。 地元発着・日帰りバス旅行で行ってきました。
e0014154_16433621.jpg
この日の朝、横浜は雨‥‥   あ~あ、とため息つきながら始まった大人遠足です。 (私の地元は横浜ではないです。ゴメン)
 (お友達は二人共、横浜。 私は集合場所まで、京急バス・電車乗り継いで1時間かかりました。でも横浜地元ってことに)

が、トンネルを抜けると(どこのトンネルだか?)、日が射してる!! 

信州はお天気でした。 雲もいっぱい有りましたが、それでも秋の雲。キレイでした。
e0014154_16470744.jpg

3人寄ればかしましい。 いっぱいお喋りできて、心も晴れたねッ♫
温泉入って、お泊りしたかったね、と不満も言いつつ。 横浜の夜に帰還。 ハマは夜も雨だった。

ところで今回のバス旅行でちょっと驚いた事。
日帰りバス旅行だというのに、ドライバーさんが二人搭乗だったんです。
スタッフは、添乗員さん1名+運転手さん2名 ということです。
なんか、すごい万全体制。
ちょっと高くても、旅行会社は命を預ける訳だから、選ばなくっちゃかな。とか思った次第です。











by tatimaru-goro | 2018-09-29 16:58 | おでかけ | Comments(3)
2018年 09月 12日

月命日


今日は、めっきり秋めいて涼しい、なんとなく物寂しい日でした。
昨日は17年前アメリカで大惨事がおこった9・11の日でした。 もう17年もたつのですね、あの衝撃から。

そして五郎の月命日。 ひと月が過ぎてしまいました。 早いような色々あったような。  夏疲れしちゃったかな。
e0014154_20292916.jpg

五郎が逝って、お骨になっちゃった日。 
そのあたりの事を記録しておこうかなと思います。

8/11(土) 五郎が旅立った日は、猛暑の最中でした。 
義父が亡くなった時、葬儀社の方が行ったように 早い内にドライアイスで五郎の身体を守らなくては。

近所の小さな葬儀社の立看板に
「可愛い家族の一員 ペットに万一の時は ホールにペット用・棺・骨壷・仏具等ございます。お気軽にご覧下さい」
とあるのを知っていました。
早速、ゴロちちはそこへ出向き、棺とドライアイスを購入してきました。

まだ温かい五郎に、冷たいドライアイスを当てるのはとても嫌な事でした。
葬儀社で、早い内に棺に入れて冷やした方がいいですよ、と言われたそうです。
でも、その日一日、次の朝までは今までのまま、お布団に寝かせたままで と私は頼みました。

この近所の小さな葬儀社は、「お気軽に‥‥」 と立看板があるのに ペットの葬儀は行わない所でした。
なのでゴロちちは、ネットでペットの葬儀を捜し始めました。

今の世の中、沢山あるんですね。 もちろん横須賀市の市営でもあります。
ご近所の先輩犬の話や、ネットの噂など、さんざん考えて、でもちょっと混乱しつつ急いで捜していたら、
意外にも、もうひとつ別の近所の葬儀社で、ペットの葬儀も行うのを見つけました。

そこは、市内では中くらいの規模の葬儀社で、通勤でよく前を通っていました。
でも、ペットの葬儀については何も広告していません。
なのでまさか、ココで五郎を見送れるなんて思ってもいませんでした。

ネットでだけ広告しているのです。 ゴロちち、よく見つけてくれたもんだ。と思いました。

火葬は8/12(日) 午後一時に決まりました。
場所は葬儀社の駐車場で。
ペットの火葬は、火葬車でするのです。

おばあちゃんは、行きたくないと言って留守番している事にしました。
次男はちょうどお盆休みに入っていて、火葬に間に合うように帰ってきました。
長男は、ちょうど一週間前の土曜日に帰って来ていて元気な五郎に会っていました。
なので、葬儀には行けないと連絡が来ました。
  なんで? ガツガツご飯食べてたじゃん。 と驚いてた。


なので3人で五郎を見送りました。
棺に五郎を収める時、ギュッと抱きしめた五郎は、氷のように冷たくなってたっけ。
e0014154_21384879.jpg

葬儀社に向かう時は、十数年間歩き続けた思い出の散歩道を辿りながら。

葬儀社の方は、とても丁寧に対応して下さいました。
お焼香をして、説明を受けて で、ここでハプニング。

なんと、お棺の箱は火葬できないと言われたのです。 お骨が黒くなってしまうと。
ええっ‥  ?

せっかく買ったのに。 そして綺麗に可愛く色んなものを収めたのに。

全部出して、五郎もまた出して‥

でも、思いがけなくまた五郎をギュッと抱くことが出来ました。 最後の最後です、ずっと抱いていたかった。

棺以外は全て五郎と火葬できました。 ライオン君もお供してくれたの。淋しくないようにね。

一時間ちょっと、控室で3人で待っていたでしょうか、変わり果てた五郎が入ってきました。
係の人が骨の説明をしてくれます。
3人で一つ一つ拾いました。

6.7kgになったとはいえ五郎はガタイの大きな犬でした。 
大きめの骨壷にいっぱい。 こんもりと収まりました。

分骨したいと申し出たら、綺麗にアゴの骨があり、犬歯が2本外れていたので、もらいました。

ネットで捜したら、分骨用にこんなのがあったので購入。 この中に脱脂綿にくるんだ五郎の犬歯が入っています。
e0014154_20491526.jpg
いずれ、五郎は埋葬する予定です。
でもこのコは、そばにいます。

はじめてのペットの火葬。
先代ダボちゃんは、土葬でした。 裏の山に眠っています。
五郎はどこに埋葬するのか? ダボちゃんのそば? おじいちゃんの居るお墓は? ダメなのかな。。。。







by tatimaru-goro | 2018-09-12 22:10 | ワンコ | Comments(2)
2018年 09月 08日

4週間

五郎が旅立って、4週間がたちました。
e0014154_08322553.jpg

この4週間で、なんと世間では多くの激動があったことか。。。

何度も何度も台風がやって来て。 
強風で、自動車が木の葉の様に転がっているのを見て、びっくりしたのも束の間

大きな地震が襲って来て、見たこともないような山崩れを見て、驚愕しました。

被災地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

かと思えば、高校野球、アジア大会、そしてテニスの全米オープン。
感動をありがとうです。

五郎がいなくなった我が家。
でも、世の中の時間はどんどんズンズン過ぎ去っていく。



お陰さまで私はとっても元気に過ごしております。
でも、一人になると五郎を思ってしまいます。 
お散歩したいなぁ。  触りたいなぁ。

なんでこんなに。。。 

息子たちが家を出た時、寂しくって泣けたのを思い出します。
でも、こんなには引きずらなかった。 

なんでだったんだろう?
そうだ、五郎がいたんだ。 元気いっぱい、生命力のかたまりみたいな五郎が
家の中でやんちゃしていたんだった。

五郎は、そうして我が家の中心になっていったんだった。
e0014154_08400388.jpg















by tatimaru-goro | 2018-09-08 08:41 | ワンコ | Comments(4)