人気ブログランキング |

気まぐれ日記 Blog De New

sibagoro.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2019年 04月 30日

奈良へ 吉野山


平成の最終日。 今更ですが、奈良の続編です。
もう三週間も前の事です。 記憶が、、、うすれて、、、、ます。

前日、山の辺の道を歩いた日の夜、雨が降りました。
朝方まで降り続いた雨が、出発時刻7時半(こんなに早く出発!!)には止んだ~~!

雨のおかげで、いっそう空気が澄んで 空が真っ青でした。
e0014154_12070344.jpg
さあ、天気も上々。吉野山登山です。
下千本は満開。
e0014154_12064733.jpg
朝早い出発のおかげで混雑はさほどではなかった。
きっと私たちが通り過ぎた後は、身動きとれないような大混雑だったと思います。
e0014154_12121495.jpg
e0014154_12123424.jpg
中千本は六分咲きくらいだったかな?

有名な?胃腸薬のお店がありました。おっきなガマ蛙が~どーんと鎮座しててビックリ。
e0014154_12124980.jpg

奥千本は、まだ蕾? っていうか歩くのに一生懸命で桜が目に入らない。。。。
いつのまにか杉林に突入。 吉野杉??
e0014154_12134193.jpg
桜見物に来たつもりが。 杉林の行軍でした。
結構な山道。 険しさ。 危なさ。
e0014154_12140471.jpg
延々と下って下って。 この滝を見物しに。 蜻蛉の滝。
e0014154_12142732.jpg
e0014154_12144604.jpg

記憶があいまいになってしまって、いい加減な吉野山レポになってしまいました。
けれど、奈良吉野山は念願のスポットだったし、すばらしい景観なのは間違いなく。心に刻まれました。
e0014154_12163028.jpg
おしまい。






by tatimaru-goro | 2019-04-30 12:26 | おでかけ | Comments(0)
2019年 04月 18日

山吹咲いてた

山吹が我が家にもヒッソリと咲いていました。
e0014154_09435647.jpg
五郎と散歩していると群生で咲いている所があって、春本番を実感したっけ。
あそこ、今年も咲いているだろうなぁ。
e0014154_09453375.jpg

花の鉢植えを3個買いました。
手前から、 ボロニア・ピナータ、 フレンチラベンダー、 イングリッシュラベンダー です。
e0014154_09464426.jpg
ラベンダーは、毎年買っています。
今年は初めて フレンチラベンダーを買ってみました。
イングリッシュラベンダーが好きで、フレンチは好きではなかったのに

心境の変化です。
なんだか、すっごく可愛らしいって思いました、今年は。

私は、どうもラベンダーをうまく育てられない。
大好きなのに。


手前のボロニアは、売れ残り。
少し前に買った  のがすごく良かったので再度購入。でも、売れ残りの物は色が薄いねぇ。。。
e0014154_09522397.jpg





by tatimaru-goro | 2019-04-18 09:53 | 趣味な園芸 | Comments(0)
2019年 04月 12日

仏像展


昨日、仏像展の搬入お手伝いに行ってきました。
お教室の皆さんの作品を観るのは初めての事。 心底驚きました。

素晴らしいんです。   気の遠くなるような精密精巧な仏様の彫刻。

一体の完成に2年はかかっているみたいです。
この仏像展二年に一回やるそうです。

素人の作品なの? って、とにかく感嘆しきり。
e0014154_22131582.jpg
記事がありました。
今日から明日・明後日までやってます。 ほんとに感動すると思います。





by tatimaru-goro | 2019-04-12 22:23 | 徒然 | Comments(0)
2019年 04月 10日

奈良へ 山の辺の道

再び奈良県へ行ってまいりました。
思いがけなく今年二度目の奈良で、思いもよらない いにしえトリップ。
e0014154_17404112.jpg

桜を見に奈良に行かない?とゴロちちに誘われて、
チャンスを逃すな!行ける時に行かなくっちゃ!!という事です。

一日目「山の辺の道」。日本最古の道といわれる道です。 
大神神社(おおみわじんじゃ)~玄賓庵(げんぴんあん)~桧原神社~景行天皇陵~崇神天皇陵~長岳寺
5km 約3時間の道のりでした。
e0014154_17470331.jpg
額田王の歌碑です。
「三輪山を しかもかくすか 雲だにも 心あらなも 隠さうべしや」

”懐かしい三輪山を見るのもコレが最後だというのに雲よ、どーして隠しちゃうの 
雲よ、お前に思いやりがあるんっだったら、隠さないで”


遷都って事で、大和から近江に行かなきゃならないの。
もう帰って来れないと思うのに切ないですわ。
っていう歌らしいです。

e0014154_17573174.jpg
柿本人麻呂の歌碑です。 書は、武者小路実篤。
「ぬばたまの 夜さり来れば 巻向の 川音高しも あらしかも疾(と)き」

”夜になって、巻向川(まきむくがわ)の音が大きくなってきたぞ。嵐がもうすぐ、来るぞ~”

っていう歌だそうです。
真っ暗な闇夜を想像させる ぬばたま(夜の枕詞) 嵐が疾るような巻向川の轟音。
怖いですね

万葉集の代表的な歌人お二人ですが、とても個性が現れていますね。

e0014154_19370332.jpg
↑の素敵なマダム。 ガイドさんです。
とっても上品な、たおやかな関西弁で、短歌を詠みあげて下さいました。

道すがらの、花々。。。
e0014154_19412306.jpg


e0014154_19413720.jpg


e0014154_19425890.jpg



途中の見晴らしのよい高台から見下ろした里の集落。
e0014154_19433580.jpg


その集落へ降りて着ました。
e0014154_19451501.jpg



こんもりとした丸山は、卑弥呼がおそらく眠っている「箸墓古墳」(はしはかこふん)。
前方後円墳も、横からじゃ分からないのね。  向こうは大和三山(?)
e0014154_19462039.jpg

山の辺の道の中で、ほんの少しのコースを歩いたのですが、
変化に富んで、桜満開で、古墳・神社・お寺・神聖な山 等々

歩きやすいし、お奨めなハイキングコースでした。

二日目は、吉野山登り。 11km・約5時間 登って降りて。。。

また後日に。










by tatimaru-goro | 2019-04-10 19:53 | おでかけ | Comments(2)